« 【観戦記】ナ杯:横浜M 1-2 浦和 | トップページ | 大原星、発見! »

2006.05.15

泣いて馬謖を切る

 ほとんど試合に出ていないAとかBとか、活躍した思い出はすっかりセピア色にあせてしまったCとか、選出に対する不満はいろいろとありますが、およそ人事というものはどうあがいてもどこかしらで批判を余儀なくされるもの。もうこの人選の良否は結果で判断するしかないのです。もはや我々にできることはお百度参りするなり、滝に打たれるなりして、日本代表の最強の武器=天運をちょっとでも我々の元に引き寄せることぐらいしかありません。

 そして巻、おめでとう!!!

 激しいチェーシングを厭わず、前線で身体を張り続けて潰れ役となっては周りの選手を生かし、しかもDFの密集するところに飛び込む勇気に満ち溢れた巻が選出されたのは至極当然でしょう。

 ですが、裏を返せば年明け以来コンディションの万全でない久保を代表で使い続け、その後Jリーグでも大した活躍が出来ない久保の復調を待ちに待ち、直前になってまた怪我をした久保をラストチャンスとなったキリンカップ第2戦で先発起用して、それでもやっぱり久保はダメで、ついに断腸の思いで久保を切った爺古の思いは如何。

 まさに「泣いて馬謖を切る」ならぬ「泣いて久保を切る爺古」。

 爺古の苦渋は察するに余りあります。おそらく爺古は巻に大きな期待はしていないでしょう。それでもなんとかかすかに残っていた理性をもとに久保を外し巻を選んだ爺古の勇気には敬意を表したいと思います(最後は棒読み)。

P.S.

 久保はショックの余り、またアルコール療法に手を出してしまわないかどうか、それだけが心配です。

-------------------------
≪日本代表メンバー≫
GK
土肥洋一(F東京) 
川口能活(磐田) 
楢崎正剛(名古屋)

DF
田中誠(磐田) 
宮本恒靖(G大阪) 
三都主アレサンドロ(浦和) 
中澤佑ニ(横浜FM) 
坪井慶介(浦和) 
加地亮(G大阪) 
駒野友一(広島) 
中田浩二(バーゼル)

MF
福西崇史(磐田) 
小笠原満男(鹿島) 
小野伸二(浦和) 
遠藤保仁(G大阪) 
中田英寿(ボルトン) 
中村俊輔(セルティック) 
稲本潤一(WBA)

FW
高原直泰(ハンブルガーSV) 
玉田圭司(名古屋) 
柳沢敦(鹿島) 
大黒将志(グルノーブル) 
巻誠一郎(千葉)

|

« 【観戦記】ナ杯:横浜M 1-2 浦和 | トップページ | 大原星、発見! »