« ギド続投? | トップページ | 観客動員を考える(ホーム13節終了時) »

2006.10.15

【観戦記】浦和 2-1 福岡

181015fukuoka1

 危なげなく勝ち点3を手にしたものの、相変わらずすっきりしない試合内容。おまけに終了間際にやらずもがなの失点を喫し、目出度さも中くらい也。3点目を取っていればもっと楽に勝てたはずですが、それができずに自らゲームをややこしくした感じ。ゲーム内容・展開は前節千葉戦と似ていた気がしました。もっとも千葉は10人でもあわやといった場面を2・3度作ってきたのに対し、福岡は11人でもチャンスらしいチャンスを大して作れていませんので千葉戦と違って負ける可能性はほとんどないわけですが。

 立ち上がりはそれほど悪くありませんでしたが、引き気味の福岡に対しDFからロングボールで直接最前線へ放り込む攻撃が目立ちました。その後長谷部のドリブル突破でチャンスを作った(シュートは枠に飛ばしてほしかった・・・)のを皮切りにサイドからチャンスを作れるようになって次第に浦和ペースに。福岡は前半0-0で折り返したいところだったでしょうが、その願いも空しくアレックスのFKをファーの闘莉王がヘッドで決めて先制。福岡のDF陣は川島くらいしか大きな選手がいないのに対し、浦和は長身のワシントン・闘莉王にネネが加わって、さらに上背はないけれども飛び込むタイミングの良い堀之内がいて、福岡もセットプレーへの対応には苦心したことでしょう。

 その後も浦和はセットプレー中心にチャンスを掴むも追加点はならず。左サイドからのクロスを攻撃参加してきた闘莉王がどフリーでヘディングを放った場面は是非とも決めたかったところですが・・・ 逆に啓太や長谷部が危険な位置でパスミスを犯したり、右サイドを縦のパス交換で崩されたりして福岡にチャンスを与える場面もあって、なんとなく釈然としないまま前半終了。

181015fukuoka2

 しかし後半立ち上がり早々、暢久が福岡DF(川島?)の緩慢な対応を突いてボールを掻っ攫い、左サイドを突破。中央の達也のシュートはGKに阻まれたものの、そのこぼれ玉をワシントンが押し込んで追加点。浦和の守備の堅さを考えればこれで事実上勝負あり。浦和はその後やや引き気味に構え、相手に適当にボールを持たせる按配でカウンター狙い。

 福岡が連続してワシントンにバックチャージを浴びせ、それを主審が流したり、イエローを出さなかったりしたことが浦和の選手の闘志に火をつけたのでしょうか。前半よりは締まった内容でゲームが進み、こちらは何度か決定機を掴む一方、福岡にはほとんどチャンスらしいチャンスを与えず。このまま2-0で試合終了かと思ったのですが、長谷部に代えて内舘を投入したあたりから雲行きが怪しくなります。

 長谷部は代表組の中では相対的に疲れやすいのでしょうか、この日のプレーはやや精彩を欠いていたので交代自体は妥当と思いますが、投入された内舘の出来は芳しくありませんでした。投入早々攻撃のリズムを崩すパスミスを犯したのには目を瞑るとしても、その後も守備に効いているとは言い難い働きぶり。今年いわゆる「クローザー」としての投入が目立つ内舘ですが、やや球威(?)に衰えが出てきたのでしょうか? 前節DFとしてイマイチだった内舘ですが、より適任と思われるボランチでも十分な働きができないようですが先々ちょっと辛いものがあります。

 さらに平川に代えて永井を投入。この交代は正直謎でした。確かに平川は右サイドで良い形でボールをもらってもそこからの展開に少々物足りないものがあったのですが、先の長谷部→内舘が守備固め的な采配であるのに対し、平川→永井は明らかに攻撃的な采配で整合性がありません。事実永井は右サイドでの守備に危なっかしいところを見せ、土壇場での福岡のサイドからの放り込みによる反撃を許す一因になってしまいました。結果論になりますが、永井を入れるなら達也との交代、平川を下げるなら暢久を右に回して伸二投入のほうが妥当かも。

 1点返されたものの、ロスタイムを上手く凌いで試合終了。慢性的な負傷を抱える伸二はロスタイムの時間つぶし要員になってしまいましたが、さぞ忸怩たるものがあることでしょう。試合終了後の挨拶では、半ばヤケクソで手を叩いているようにも見えました。この日何度かチャンスのあった達也は得点ならず。スピード・シュート精度ともに好調時にほど遠い状態。来る川崎戦はワシントン1トップ+ポンテ・暢久2シャドーで川崎の3バックに対峙するのが最良と考えます。

 内容はともかく、リーグ制覇へ向けてまた一歩前進。一歩一歩前へ。

|

« ギド続投? | トップページ | 観客動員を考える(ホーム13節終了時) »