« (メモ)浦和3 ‐0甲府 | トップページ | 観客動員を考える(ホーム16節終了時) »

2006.11.24

【観戦記】浦和 3-0 甲府

 これがリーグ初制覇のプレッシャーなのか・・・

 ぎこちない動き、続出するパスミス、そして2度のPK失敗。

 前節に続き、今節も攻めながら無得点に終わってしまう。そんな悪夢を振り払ってくれたのはワシントンでした。

 正確無比。相手の動きを読んで冷静にゴールを決めるはずのワシントンがなんと2度もPKを失敗してしまいます。1度目はコースも甘く、ボールスピードもない。そして2度目はまるで1度目の録画を見るような失敗。この試合を含めて残り3節、2位に勝ち点差3という優位な状況にあるにも関わらず、あのワシントンですら重圧に抗しきれないのか。そんな重苦しい雰囲気で前半終了。

 今日のギドは必勝の信念を全面に出した構え。控えに守備的なプレーヤーは細貝しかおらず、なんと酒井はベンチ外。相馬・岡野・永井とサイドアタッカーを3人も入れておく意味がよくわからんのですが、それはギドなりの「絶対勝て!」というメッセージなんでしょうか(^^?

 また守備重視の観点で名古屋戦で採用した4バックをあっさり捨て、内舘-闘莉王-ネネのいつもの3バックに。ゲーム開始当初内舘が挙動不審で、センターに入った局面もあったのですが、基本的には内舘が左WGのバレーを見ていたようです。

 甲府は例によって極端に高いラインを設定し、前から前からプレスを掛けてきます。浦和は積極的な甲府の動きにやや戸惑いが見られ、セットプレーでチャンスを作るのみ。甲府は細かいパス回しで局面を打開しようとするのですが、如何せん技術がないのでこちらも浦和の中盤のプレスに抗しきれず。

 しかし時間の経過とともに、甲府が中盤でミスしたところでカウンターに入る浦和の狙いが嵌りはじめます。このカウンターでこの日大活躍だったのが暢久。暢久の飛び出しで何度も甲府のDFラインをズタズダに。甲府はワシントンを気にするあまりか暢久へのケアが終始甘めで、それが甲府の命取りになってしまいました。

 浦和が2度得たPKはいずれもDFラインの裏に選手が飛び出したことに伴うもの。1度目はポンテの得点機阻止なのでイエロー&PKはやむなし。2度目は暢久の足を掛けているのでファウルはファウルなのですが、あそこで躊躇なくPKを取る主審はあまりいないような・・・そこが岡田クォリティーといってしまえばそれまでですが、判定自体は不当なのものではありません。

 PKを2度もワシントンが失敗して不穏なムードが漂いまくりましたが、終わって見ればイエロー2枚でDF秋本が退場したのがこの日の勝敗を決めてしまったといっていいでしょう。

 浦和は必死に暗雲を振り払うかのうように、後半頭から猛攻を仕掛けます。左からアレが、右には長谷部が流れてクロスを供給。そして右サイドでどフリーとなった暢久のクロスをついにワシントンがヘッドで決めて先制! ボールはゆっくりとした軌道を描きながらGKの頭上を越えてゆきました。ワシントンはこの日もゴールを決められないのかと、サポの心に黒々と渦巻いた疑念を掻き消し、そして何よりもワシントンが自信を取り戻すきっかけになるであろう素晴らしいゴールでした。

 甲府は中央を固めて守るのはいいのですが、その分サイドのケアは疎か。アレなり暢久なりサイドに流れた選手をどフリーすればとんでもない精度でボールを放りこまれるのは必定。バレー以外はそんなに上背のある選手がいないので、やがてワシントンにやられてしまうのもこれまた必然かと。

 先制かつ数的有利。まず負ける恐れがなくなった浦和は得失点差を稼ぐべく、なおも積極的に攻撃。大胆に前線に飛び出しながらもシュートを躊躇する悪癖が時折顔を覗かせていた暢久でしたが、左サイドから果敢にドリブルで3人を交わしてゴール!!! エリア内であっさり藤田を交わしてしまうところが圧巻でした(っちゅーか、これができるなら毎回やってくれぇー)。

 そしてアレのCKをワシントンがヘッドであっさり決めて3点目。横で小柄のビジュがなすすべもなく佇んでいるのが哀れでした。

 3点取ってやや集中が切れたのでしょうか、クロスバー直撃弾を含め2度ほど甲府に決定機を与えてしまいました(やばいシーンにはことごとく内舘が絡んでいるのは気になりましたが・・・)がなんとか無失点で凌いで試合終了。勝ち点3をがっちり掴んだだけではなく、ガンバとの得失点差を広げる存外の大勝という結果を得ることができました。故障を抱えているネネに代えて細貝の試運転もできたことですし、おまけにガンバ引き分け、川崎敗戦の朗報も飛び込んできてギドも選手も万々歳でしょう。

 また3点を失い、しかも数的不利にも関わらず最後まで勝負を捨てず、果敢に攻撃を仕掛けてきた甲府の姿勢は大いにリスペクトされてしかるべきでしょう。資金力がなく、個人能力も乏しいチームが実に志の高いサッカーを繰り広げる。甲府を見習うべきチームは多々あるように思えて仕方ありません。

 得点には繋がりませんでしたが、一人スルーパスを披露して右サイドをぶっちぎった平川。昔のレッズならこれだけでお腹一杯になるくらいのスーパープレーでした(^^;

 2人に囲まれても簡単にはボールを失わないポンテ。今年は長期離脱があり、復帰後もイマイチぱっとしなかったポンテでしたがリーグ最終盤になってようやくポンテらしさを取り戻したようです。プレスを掛けてもボールが取れないどころか、卓越した個人技であっさり甲府の守備陣を無力化してしまうポンテ。欲を言えば何度もあった得点機を一つくらい決めて欲しかったものです。

 残り2試合。2位ガンバとの勝ち点差5。はっきりと浦和リーグ初制覇が見えてきました。

|

« (メモ)浦和3 ‐0甲府 | トップページ | 観客動員を考える(ホーム16節終了時) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/12802546

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】浦和 3-0 甲府:

« (メモ)浦和3 ‐0甲府 | トップページ | 観客動員を考える(ホーム16節終了時) »