« (メモ)浦和5 ‐0静岡FC | トップページ | 快走、レッズトレイン! »

2006.11.05

【観戦記】浦和 5-0 静岡FC

20061104shizuoka2

 実力差通りの得点差をつけて、何かとやりにくい天皇杯緒戦を無事突破。

 格下、しかも社会人相手の試合となるとどうも気合が入らないというか、集中できないとか、いつでも点が取れるぜといった安逸な思いとか、いろいろな要因が積み重なってどうしてもダラダラした試合展開になりがち。サポーター・観客もどことなくまったりとしがちなものですが、この日は割りと本気モードで試合を進めることができたのではないでしょうか。

 浦和の選手やサポーターをある程度本気にさせたのは静岡FC繰り出すラフプレーにあったことは間違いないでしょう。ゲーム開始早々長谷部にバックチャージをかましてこの日のやり口を披露。格上のチームに激しく行くのはある程度止むを得ないとは思いますが、闘莉王に平手打ちをかましたり、アレックスをぼこったりと静岡FCのプレーは激しいというより単なる暴力ではないかと思われるものも多々ありました。審判団の判定は逐一イエローを出していてはゲームが成立しないと考えたのか、終始静岡FCのラフプレーに甘かったように思いました。アマチュアがプロの強豪チームに挑むというのは天皇杯の醍醐味である半面、実力差がありすぎて、テクニックがないがゆえに怪我人を出してしまうゲームが生まれがち。浦和に大きな怪我人が出なかったは幸いでした。

 浦和のスタメンは完全に本気モード。GKを都築に代え、永井・平川が怪我をして手薄になった右WBに岡野を配置した他はレギュラー陣で固めました。啓太・闘莉王といった代表レギュラー組くらい今後の日程を考えて休ませるかと思ったのですが、ギドは選手にも相手に対しても一切容赦なし。ここ2戦勝ちがないため、ギドは気分転換というか悪い流れを断ち切る趣旨でレギュラー陣で臨んだようですが、リーグ戦で勝ち続けていれば「勝っているチームはいじらない」とか何とか言ってやっぱりレギュラー陣で試合に臨んでいるような・・・

 守りを固める格下のチームに対して圧倒的に攻めながらも点がなかなか入らずにイライラというのはよくあるパターンですが、この日は早い時間に先取点が入って随分楽にゲームを進めることができました。闘莉王のロングフィードに対し、静岡DFの対応がまずくて(というかキャプテン高田が目測を誤って被ったあげくに転倒しているんですが・・・)ボールがライン裏に転がり落ち、こぼれ玉を達也が拾ってゴール! 近時不振の達也にとって自信回復の一撃になったかどうか。

 2点目は長谷部のドリブル突破から。長谷部は今季得点どころか枠内シュートすら少なく、達也同様この日の得点が何かの切欠になってくれればと願ってやみません。

 その後も圧倒的な浦和ペース。相手ががつがつ来るのを嫌ったのか、浦和は早いテンポでポンポンとパスを回しながらサイド主体に相手を崩しにかかります。静岡も懸命にプレスをかけに来ますが、全くといっていいほどボールが取れずに次第に疲労困憊。浦和は何度か大きなサイドチェンジを繰り出していましたが、あれは静岡にとって堪えたことでしょう。

 しかし達也やワシントンが絶好機を逃しただけでなく、繋ぎでも凡ミスが散見されるに及んでやや釈然としないまま前半終了。11月にしては陽射しがきつく、気温も高めだったせいか暢久は前半流し気味。堀之内は再三「上がれ、上がれ」と都築から指示を受ける始末で、この辺がぴりっとしない元凶でしょうか。岡野ももう単純にスピードで相手を振り切ることはできないようで、やや早めにクロスを上げることに専念。都築のヒマヒマっぷりが印象的でした。

20061104shizuoka3

 後半頭から堀之内に代えて内舘を投入。堀之内が攻撃に消極的だったのはともかく、特段代える理由はないように思えましたが、堀之内は軽い怪我を負ってた模様。後半開始早々暢久のCKをワシントンがヘッドで決めて3点目。さらにワシントンのポストプレーから左を崩してアレックスのクロスを達也が押し込んで4点目。

 静岡は疲れのためか前半ほど激しく当たることすらできなくなり、一方的な浦和ペースになると思ったのですが、ここでギドは啓太に代えて酒井、そして長谷部に代えてなんと相馬を投入。守備のレギュラーを後半相次いで3人代えたわけですが、それはまるで「どこまで鋼材を省いても倒壊しないか」を試したかのよう。結果として相馬のボランチ投入は完全に失敗で浦和の守備は一気に不安定になり、サイド攻撃から決定的なシュートを許す場面も。内舘がクロスに対して2人を見ないといけない羽目に陥ったわけですが、闘莉王と酒井のポジショニングがいかにも中途半端なのがその原因でしょう。結局レギュラーボランチ陣を二人とも引っ込めて酒井と素人を入れると「姉歯式守備陣」にしかならないことを確認しただけに終わり、これなら長谷部に代えて細貝を投入したほうがマシなような気がしますが、今季の細貝はよほどギドの信頼を欠いている模様。静岡に決定機を与えて相馬はボランチダメ出しを食らったのか、いつの間にかアレックスとポジションチェンジ。アレックスがボランチってそんな心臓に悪いものを披露せんでも・・・ だいたい左サイドの守備がアレックス・相馬・ネネって守りにも何にもなっていないような・・・ 岡野が傷んだこともあり、日が翳ってやややる気をだした暢久が必死で浦和を支えます。

 浦和の「姉歯式守備陣」に気を良くしたのか、静岡が積極的に前に出てくるようになって浦和もカウンターを仕掛けられるようになり、何度か絶好機を掴みましたが得点はロスタイムの達也→ワシントンのみ。ワシントンと達也のコンビネーション、特にその距離関係が格段に良くなったのはこの日の収穫。しかしやはり達也はやはり本調子とは言いがたく、キレがなくてDFを振り切れないためか、シュートに積極性を欠いているように見えました。アマチュア相手に結果を出しましたがJ1相手じゃまだ辛いかと思います。

 ポンテ・伸二も負傷欠場。坪井は長期離脱の観測も出るに及んで懸念材料が尽きない中、天皇杯緒戦を危なげなく勝利。長谷部・酒井が不必要なイエローカードをもらうなど反省材料も多々ありましたが、次節マリノス戦へ向けて良い調整試合にはなったのではないでしょうか。

P.S.

 スタンドでは俺たちの水野が観戦。実兄の応援とは名ばかりで、浦和関係者へ挨拶回りに来たのは間違いありません(妄想)。

「来年から寮を出て一人暮らししようと思っているので、家具でも買おうと思う。」

|-`).。oO うーん、早々と浦和への引越し準備を始めるとは愛い奴じゃのう・・・

P.S.2

20061104shizuoka4

|

« (メモ)浦和5 ‐0静岡FC | トップページ | 快走、レッズトレイン! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/12559326

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】浦和 5-0 静岡FC:

« (メモ)浦和5 ‐0静岡FC | トップページ | 快走、レッズトレイン! »