« 【観戦記】浦和 3-0 甲府 | トップページ | (メモ)F東京0 ‐0浦和 »

2006.11.25

観客動員を考える(ホーム16節終了時)

Kankyaku061123

 甲府戦の観客数は今季最多の57,781名。

 名古屋戦の結果如何では甲府戦でリーグ優勝が決まる可能性があったのも一因だとは思いますが、営業面でクラブ史上最大と思われる"ALL COME TOGETHER"キャンペーンは大成功だったと評していいでしょう。埼スタ近隣のイオン浦和美園はレッズ一色。埼玉高速鉄道はレッズ・トレインを走らせただけではなく、車内モニターや駅構内のプロジェクターで"ALL COME TOGETHER"のCMを流す張り切りぶり。あれが武蔵小杉まで延々と流れているかと思うと苦笑を禁じえません(^^;

 加えてホームゲームを1試合残した状態で年間観客動員数のリーグ記録を更新。クラブの目標だった75万人も軽く超えることは間違いありません。もうこの辺になるとスタジアムのキャパシティーがものをいう世界で、スタジアムを増設しない限り新潟がこの記録を抜く可能性はなく(42,300×17=719,100)、横浜Mに抜く可能性が残されている勘定になります(あくまでも可能性だけですが)。

 いつもはガラガラ、せいぜい半分しか埋まらないメインアッパーが観客で溢れるようになるとビジュアル・パフォーマンスも壮観ですね。

|

« 【観戦記】浦和 3-0 甲府 | トップページ | (メモ)F東京0 ‐0浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/12813814

この記事へのトラックバック一覧です: 観客動員を考える(ホーム16節終了時):

« 【観戦記】浦和 3-0 甲府 | トップページ | (メモ)F東京0 ‐0浦和 »