« 恐悦至極 | トップページ | 塞翁が馬 »

2006.11.09

続・レッズトレイン

 今週のサカダイ(No.869)によれば、あのしょぼい「レッズトレイン」はクラブが依頼したものではなく、埼玉高速鉄道(SR)のアイデアによるものとのこと。

 SRも大赤字を抱えているから、あれが精一杯だったんでしょう。またSRはレッズ戦の観客輸送が一大収入源になっているとはいえ、レッズのパートナーでもなんでもないわけだから、"All Come Together"の呼びかけにああいう形で応えていただいたのは誠にありがたい限り。

 ボロくそに言って、正直スマンかった。

P.S.

 まぁ笑われても仕方のない出来だとは思いますが、クラブの親会社の肝いりで出来たわけではないところに留意してもらいたいものですな。

|

« 恐悦至極 | トップページ | 塞翁が馬 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/12618893

この記事へのトラックバック一覧です: 続・レッズトレイン:

« 恐悦至極 | トップページ | 塞翁が馬 »