« 深谷の煮ぼうとう | トップページ | Sing out Together Heartily »

2007.01.26

オジェック就任会見に思う

 オジェック新監督が来日。就任会見の模様が各紙で報じられています(例:報知)。

 例によってオジェックが語ったことと各紙が推測で書いていることがごちゃごちゃになっているので、どこまでがオジェックの本意なのかはわかりませんが、「結果を出したものに手を加えるのは、やってはいけないこと」という言葉、それに就任一年目かつキャンプ期間が短いことを考えあわせれば昨年同様 3-6-1 or 3-5-2 で臨むと考えるのは自然でしょう。

 また「今年は選手の疲労を考慮しなければいけない。レギュラーの選手が疲労を取るために1試合体を休めることもある」とも語っていて、これがターンオーバー制導入を示唆することは明らかですが、ターンオーバー制にもいろいろなバリエーションがある(疲労の著しい選手のみを代えるとか、特定のブロック毎入れ替えるとか)ようで、オジェックが相手に応じてどのような手を打ってくるのか楽しみです。もちろん、いずれ悪名高き「ベストメンバー規定」が問題視されることになるでしょうが。

 なお、報知はギドに対して実に辛辣。

だが、FIFA技術委員の座長を務めた実力者には秘策があった。前任者が封印したターンオーバー制だ。「今年は選手の疲労を考慮しなければいけない。レギュラーの選手が疲労を取るために1試合体を休めることもある」と語った。ブッフバルト前監督は先発を完全固定。負傷以外のメンバー入れ替えを拒み、リーグ戦終盤には、満身創痍(い)でパンク寸前の闘莉王に固執し、1度も休ませなかった。

とバッサリ。主旨には同意しますが、実は昨年ナビスコ予選初期では主力をごっそり入れ替える明確なターンオーバー制を敷いていました。しかし、既に予選突破が決まっているにもかかわらず主力を起用したナビスコ予選第5戦(雨の味スタ)あたりから様子がおかしくなったのだと思います。

 また俺達の報知によれば、今年もキャプテンは暢久。

 オジェック就任会見の模様は短時間ながら昨夜の9時のNHKニュースでも報じられていました。視聴率的には苦戦の続くJリーグ。こうしてほんの少しだけでもJリーグに関心のない方への露出機会を増やすのは非常に大切なことだと思います。

 折りしも昨日はJリーグの日程が発表されました(スケジュールがきついとか、何処そこへは行けそうだとか、そういう話題は割愛します)。あわせて発表された放映予定を見ると、今年からスカパーがJリーグを完全中継するようになった一方、NHK-BSでの中継は1節1試合程度に縮小されたようです(地上波は思いのほか残ったように思いますが)。こういう放映形態からすればますますコアなJリーグファンだけがJリーグを見て、他の層になかなか広がらない傾向が強まりそうなだけに、とにかく浦和が国内外で勝って勝って勝ちまくって(たまに負けてプギャーでもいいのですがw)、数多の毀誉褒貶を伴いながら地上波・スポーツ紙・一般紙が踊る話題を作りまくることがJリーグの死活問題に直結するといって過言ではありません(`・ω・´)シャキーン

|

« 深谷の煮ぼうとう | トップページ | Sing out Together Heartily »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/13662463

この記事へのトラックバック一覧です: オジェック就任会見に思う:

« 深谷の煮ぼうとう | トップページ | Sing out Together Heartily »