« 2007ゼロックス杯 | トップページ | オジェック就任会見に思う »

2007.01.25

深谷の煮ぼうとう

 夏だというのに甲府に行くと「ほうとう」しか食べるものを思いつかないというのはうぃあーの劣った習性。しかし、あまり知られていませんが、地元埼玉の深谷では甲府の「ほうとう」の親類ともいうべき「煮ぼうとう」が食べられます。シーズンオフの暇つぶし企画の一つとして、埼玉最南端の川口から最北端の深谷まで1時間以上かけて出かけて見ました。

 サイトで調べてみると煮ぼうとうを出している店は深谷市内に広く点在していて、今時の郊外らしく車じゃないと行けなさそうなところがほとんど。しかし、駅前のキンカ堂内に煮ぼうとうを出してくれる店があることがわかりました。

20070108fukaya1_1

 スーパー等の店内にありがちな店構えですが、サンプルにも煮ぼうとうの姿。煮ぼうとうはなにせ煮物ですからそれなりに手間がかかるはずですが、ここの煮ぼうとうは非常に安くてたった580円。炊き込みご飯をつけても730円にしかなりません。甲府「小作」のほうとうは一番安いものでも1000円強するので相当に安価です。なんでそんなに安いのか不可解に思っていたのですが、出てきたものを見てその疑問は氷解しました。

20070108fukaya1_2

 ネギ、白菜、ニンジン、大根、しいたけ、しめじと一通りの具材が入っているのですがいずれも量が少なく、とても煮ぼうとうだけで満足感が得られそうにありません。これが安さの秘訣でした。鍋の底に出汁に使ったらしい鶏肉のかけらがちょろちょろと残っているのが哀れを誘います。

 またここの煮ぼうとうの麺は驚くほど幅広。山梨「小作」の1.5倍はあろうかと思われるほどの幅が広いのが特徴。ただその代わりといってはなんですが麺に厚みがなく、従って食感は随分びろびろした、なんかセロハンでも張り付いたような感じになります。残念ながらコシも乏しく、あんまり煮込みものに向いているようには思えませんでした。

 煮ぼうとうの特徴は汁がしょうゆ仕立てであること。甲府のほうとうは味噌仕立てなので、この辺は好みが分れるところでしょう。

 わざわざ県南から出てきたのに「煮ぼうとう」の出来には非常にがっかりして、失意のあまり2時間ばかり寒風吹きすさぶ中その辺を散策してしまいました(その辺は後日)。しかし一軒だけで「煮ぼうとう」を語るのはあまりにも不用意。たまたま入った店が悪かったかもしれないと思い直して、もうちょっと本格的なものを出してくれそうな店へ突入してみました。行ったのは深谷市役所や郵便局の先にある「虎ひげ」。

20070108fukaya1_3

 店は中休みに入る直前でしたが、それでも店内は家族連れ中心に混雑。昼間から一杯やっているオヤジも。一応蕎麦屋ですが、地方らしくメニューはなんでもありです。こちらの煮ぼうとうは840円。これくらいの値段だとそれなりのものが出てくるものと期待して待っていたところ 

20070108fukaya1_4

 やはり具の数、量が全然違いました。ほうれん草が加わったため彩りが良くなったのと、里芋が加わったので多少ボリューム感が出てきます。ほんのり柚子の香りも。この店もやはり汁はしょうゆ仕立て。ただ肉らしきものは全く発見できず、そのせいかずいぶんあっさりしています。

 麺はやはり幅広ですが、ほぼ甲府のほうとうと同じくらいの幅。しかし先ほどの店ほどではありませんが、コシがやや弱い嫌いがあり、個人的には納得がいきません。加須のうどんもコシに問題があったように記憶しています。柔らか目が地元の方の好みなのかもしれませんが、北関東のうどんがメジャーに慣れないのはその辺に原因があるのかも。

 なお深谷では甲州ほうとうとの対決が秋に開催されているようですが、個人的には同じ「ほうとう」を称するものとはいえその実力差は「レッズとヴァンフォーレ」くらいの差があるように思いました。もちろん甲州ほうとうがレッズですが。甲州ほうとうは観光客相手に洗練された分、実力が抜きん出ているように思います。

|

« 2007ゼロックス杯 | トップページ | オジェック就任会見に思う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/13506539

この記事へのトラックバック一覧です: 深谷の煮ぼうとう:

« 2007ゼロックス杯 | トップページ | オジェック就任会見に思う »