« 【TV観戦記】U-22日本 0-0 米国 | トップページ | 至福の時、一転。 »

2007.02.22

伸二、左サイドへ

小野もポリバレント 左で好プレー(スポニチ)

 相馬が代表合宿で負傷してゼロックス杯が難しくなり、3バックのまま平川を左WBに回すのか、あるいはシステムを変更するのかオジェックの決断が注目されていましたが、22日の練習試合では昨年同様3-6-1のシステム(さすがに公式戦でいきなり4バックを採用するのは怖かったのでしょう・・・)でなんと伸二を左WBに起用。記事にある通りトルシエ時代に一応左WBを経験したことがあり、元来器用な選手なのでやってやれないことはないのでしょう。

 また阿部が加入すると伸二をボランチに置くこともできず、さりとてポンテが復調してくると伸二を前に置くのも難しくなりますから、伸二の活用場所を予め広げておくという意味で比較的手薄な左WBの慣らし運転をしておくというのはこの時期重要なことかと。ただアレや相馬と違ってサイドをドリブルで抉るようなプレー期待できませんから、アーリークロス主体にサイドからゲームメークするような働きが中心になるのでしょうな。

 アレは最初はドリブルに拘ってゲームの流れを停滞させていたのですが、次第にクロスの選択とのバランスが良くなってきて活躍できるようになりましたが、伸二だと逆にクロスないしスルーパスの選択肢しかないという感じでしょうか。守備は相馬よりはマシでしょうが運動量が多いとはいえないのでやはり坪井orネネの負担は相当でかいかと。

--------------------

小野もポリバレント 左で好プレー(スポニチ)

 浦和がキャンプ地の鹿児島・指宿で鹿屋体大と練習試合を行い、4―0と快勝。小野は3―6―1の左MFで先発し、前半22分に左クロスで先制点の起点になるなど活躍した。

 小野が3バックの左MFでプレーするのはトルシエジャパンでの02年以来だったが、後半18分に退くまで好プレーを連発した。本来左MFを務める相馬が負傷離脱中のための措置だったが、24日のゼロックス・スーパー杯(対G大阪)でも左サイドでの起用が濃厚だ。トップ下、ボランチに加えてサイドを“習得”することは日本代表のオシム監督が求める「ポリバレント」にもつながる。それだけに小野は「左サイドの方が走るんで、自分のためにもなる」と代表復帰への意欲ものぞかせた。 

[ 2007年02月22日付 紙面記事 ]

--------------------

相馬が浦和合流も右足故障で離脱(日刊)

 浦和に、また離脱者が出た。20日、代表合宿を終えた代表勢が鹿児島・指宿合宿の練習に合流。だが日本代表MF相馬崇人(25)は代表合宿で痛めていた右足内転筋痛でリタイアした。朝食前のランニングで歩いただけで、指宿市内の病院で検査を受けた。クラブ幹部は「ゼロックス杯は難しいだろう」と24日のゼロックス・スーパー杯G大阪戦の欠場を示唆。3月3日の開幕戦(対横浜FC)も微妙な状況だ。

 チーム始動後、浦和はベストメンバーを組んだことがない。ゼロックス杯は事実上、開幕に向けた最初で最後の実戦。だがザルツブルクに移籍した三都主の穴を埋める左サイドの筆頭候補、相馬が不在となり軌道修正を強いられる。右サイドの平川を左に配置転換、または4バックに変更し、小野を左MFに置くなど予想されるが、本来の形ではない。MF長谷部、FW田中達もリハビリ段階で開幕戦は欠場濃厚。緊急布陣でシーズンに突入する。

[2007年2月21日7時53分 紙面から]

|

« 【TV観戦記】U-22日本 0-0 米国 | トップページ | 至福の時、一転。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14004642

この記事へのトラックバック一覧です: 伸二、左サイドへ:

« 【TV観戦記】U-22日本 0-0 米国 | トップページ | 至福の時、一転。 »