« 東海道行脚5:三島~(新蒲原) | トップページ | 浦和、4バックを試行? »

2007.02.12

東海道行脚6:(新蒲原)~鞠子

第6回 2002.11.17 (新蒲原)~鞠子

Toukaidou6_1

 東海道歩きに興が乗ってきたのか、前回の旅からわずか中1週で蒲原へ戻って参りました。

 歩道に残るタイル絵。広重の「東海道五十三次」でも代表格といわれる「蒲原夜之雪」ですが、温暖な静岡の地が大雪というのは妙で、新潟の蒲原ではないかとよく言われています。

Toukaidou6_2

 蒲原宿は東海道の中では割とはっきりと宿場町の面影が残っているところの一つ。

Toukaidou6_3

Toukaidou6_4

 富士山に桜海老とくれば由比の町。昼飯の時間にはちょっと早すぎて、桜海老を賞味とはいかず。

Toukaidou6_5

 レストランの店先ですが、このノリはちょっと関西テイスト・・・

Toukaidou6_6

 由比~興津間には東海道屈指の景勝「薩捶(さったる)峠」が控えます。

Toukaidou6_7

 日本の大動脈である東海道本線・国道1号・東名高速が山と駿河湾の間にひしめき、さながら日本の頚動脈といった感も。

Toukaidou6_8

 峠を越えて興津・江尻(現在の清水)と街道歩き的には見どころの少ないところが続き、一路府中(現在の静岡へ)。

Toukaidou6_9

 安倍川橋のたもとにはお約束のように「安倍川餅」の店が。

Toukaidou6_10

 夕暮れ迫る中、安倍川を一気に渡って鞠子宿まで歩を進めます。

Toukaidou6_11

 鞠子といえば丁子屋の「とろろ汁」があまりにも有名。もうすっかり日も落ちて観光客が来ない時間帯のせいか、ゆったりくつろげたのは何よりでした。

|

« 東海道行脚5:三島~(新蒲原) | トップページ | 浦和、4バックを試行? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/13853987

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道行脚6:(新蒲原)~鞠子:

« 東海道行脚5:三島~(新蒲原) | トップページ | 浦和、4バックを試行? »