« 東海道行脚3:(茅ヶ崎)~(箱根湯本) | トップページ | 新説「大化の改新」 »

2007.02.08

構想瓦解?

G大阪3トップは白紙(報知)

 営業サイド云々のくだりには報知の妄想が入りまくりのような気がしないでもありませんが、G大阪が3トップ構想を放棄するとの観測はあながち間違いじゃないでしょう。

 バレーは見かけによらずヘディングが下手で、またポストプレーヤーとしてもあまり期待できません。甲府ではJ1の最前線では生かしきれないと見てか、途中からバレーをウィングで起用していました。従ってウィング型のプレーヤーには困らないG大阪はバレーを獲得したところで使い道がないという指摘もちらほら見かけます。

 G大阪は宮本の抜けた穴は補強せず(中澤聡太じゃ補強とはいわんでしょう・・・)、さしあたって補強の必要が無いポジションを補強してしまった感がありあり。加地・明神の補強で攻守のバランスを取りにいった昨年と比べれば補強のバランスが悪いのは一目瞭然。昨年リーグ最終戦ではシジクレイの衰えが隠せないことも確認済ですし、守備力は昨年より劣化したと見ていいでしょう。

 相変わらず超攻撃的な魅力溢れるサッカーを見せてくれるとは思いますが、大勝と惜敗を繰り返すだけでリーグ優勝奪還は困難かと。

P.S.

 昨年は宮本・加地をスタメンから除外するなど、ゼロックス杯をテストの場と割り切っていた西野監督。今年はACLの負担がないためか本気でゼロックス杯を取りにくるようです。でもそのために家長をU-22日本代表合宿から呼び戻すとは随分肝っ玉の小さい話じゃありませんか?

-------------------

G大阪3トップは白紙(報知)

 3トップとちゃいますの!? G大阪は7日、キャンプ地のグアムから帰国。ところが、西野朗監督(51)のひと言に、営業サイドの目が点になった。

 真っ黒に日焼けした西野監督。自身の“夢構想”だった3トップに「リスクを感じる場面もあったね。今のところ、3トップを基本にとは考えてない」と待ったをかけた。「超攻撃サッカー」へ、甲府からFWバレー(25)を獲得。マグノ・アウベス(31)、播戸竜二(27)との強力3トップで、人気面でも売り出すはずだった。

 すでに、3人の背番号「9・11・18」をあしらったTシャツなどの特製グッズを作製中。ツネ様が抜け、あの手この手でガンバ党の定着、拡大を進めていた営業サイドとしては「開幕だけでも3トップ、というわけにはいかへんかな…」と願わずにはいられなかった。

(2007年2月8日06時09分  スポーツ報知)

|

« 東海道行脚3:(茅ヶ崎)~(箱根湯本) | トップページ | 新説「大化の改新」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/13831228

この記事へのトラックバック一覧です: 構想瓦解?:

« 東海道行脚3:(茅ヶ崎)~(箱根湯本) | トップページ | 新説「大化の改新」 »