« 東海道行脚7:鞠子~金谷 | トップページ | 敵情視察-XEROX杯 »

2007.02.19

幹事長が行く!

 GGRでブルズ杯のあまりにも不甲斐ない失点シーンの数々を目にしてしまった幹事長はテレ玉の録画中継を真面目に見る気もすっかり失せ果てて、氷雨の中あてもない放浪の旅に出たのであった。

20070218housito1

 ふと気がつくと練馬。

 練馬が東京都で地続きの和光は埼玉県。同じように荒川を渡っているのに川口は埼玉県で足立区が東京都なのは納得がいかないのだが、そんなことはこの際どうでもよい。

 目白通りを越え、さらに環7を越えたところに、それは忽然と姿を現したのであった。

20070218housito2

20070218housito3

|-`).。oO こんな住宅地のど真ん中に党首が・・・

20070218housito4

 どこからどう見ても民家です。バスが通るような道路に面しておらず、周りの住宅地に溶け込んでいます。

20070218housito8

 ガラガラっと玄関を開けると中も民家そのまんま。玄関で靴を脱いで縦長の和室に。和室には4人用の小さな座卓が6つばかりあるだけで、20人も入れば一杯になるような小さな店でした。店内にはジャズが流れています。

20070218housito5

 ほうしとせいろ(650円)を注文。粗挽きの蕎麦で、麺は心持ち太め。香りもしっかり楽しめます。かなり硬くてごわごわとした食感がある辺りは好き嫌いが分かれるかも知れませんが、私は大好きです、こういうのが。

 値段の割にはそこそこ食べ応えがあって、高価な割には量がちょろっとしかない蕎麦屋が多い東京では珍しいかも。「せいろ」と名がついていますが、せいろに盛って出てくるわけはないのが不思議なところ。でも水切りはしっかりしています。つゆには特段の特徴はありません。

 なお二八そばタイプの「せいろそば」もあります。

20070218housito6_1

 食べ終わった頃にタイミングよく蕎麦湯が運ばれてきました。押しなべて器に凝っているようですが、カレー入れみたいな広口の器に蕎麦湯を入れると冷めるのが早いんじゃないかな?あんまり蕎麦湯の量も多くないし・・・ でも開店してそんなに時間は経っていないのに蕎麦湯がどろっとしているのには驚きました。

 夜も営業していておつまみもそこそこ充実。日本酒も各種取り揃えているので、党大会をここで開催するのも悪くないなと思いましたが、店の雰囲気が至ってお上品なのでうぃあーには合わないかもしれません、たぶん。店は女性が2、3人で切り盛りしていたようでしたが、万事失礼のないように。ソフトな接客と相まってつい長居したくなりますが。

P.S.

 一応ブルズ杯の録画中継を見ましたけど、闘莉王を筆頭にコンディションが悪すぎて逐一論評するに値しない試合でした。結論としては「何しに行ったのか?」の一言に尽きます。

 あごあし付きどころかなぜか出場賞金までもらって慢心を振り払えるのであれば惨敗もそれなりに価値はあったということになりますが、果たしてゼロックス杯やいかに。

|

« 東海道行脚7:鞠子~金谷 | トップページ | 敵情視察-XEROX杯 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/13956759

この記事へのトラックバック一覧です: 幹事長が行く!:

« 東海道行脚7:鞠子~金谷 | トップページ | 敵情視察-XEROX杯 »