« (メモ)F東京1−1東京V | トップページ | 【観戦記】F東京 1-1 東京V »

2007.02.26

やばいな、Jリーグ

 昨日Jリーグから2/20時点でのチケット販売状況が公表されていました。

J1_1

 開幕戦は例年どのチームでも観客が増えるものですが、どうも今年はお寒い状況にある模様。キャパのでかい横鞠やF東京、大分は(対戦相手も魅力的とは言い難いですし)こんなものかもしれませんが、キャパの小さい万博が半分も売れていないのには非常に驚かされました(「ぴあ」の売上が好調なところから察すると、大きな集計漏れがある可能性も否定できませんが・・・)。

 暖冬とはいえまだまだ寒い時期のナイトゲーム。しかも相手が超不人気チームと悪材料が揃っていますが、サッカーが好きで好きで、ゼロックス杯で見せた良質のサッカーを見に来る人は大阪にはそんなにはいないということなのでしょうか?観客動員はツネ様頼みだったということなのでしょうか?

 同じくキャパの小さい等々力も半分~7割の売れ行き。こちらはデーゲーム、しかも対戦相手に恵まれていているだけに営業努力が足りないといわれても仕方ないでしょう。前年2位と健闘しましたが、いかんせん日本代表が中村・我那覇しかいないので普段Jリーグを見ない人を掘り起こすのは少々骨が折れるかもしれませんが。

 J1復帰なった柏も同様。ちばぎんカップが売り切れたのに開幕戦が売り切れないとは本末転倒もいいところ。オフシーズン一つとして良いことが無かった名古屋の売れ行きが良いのは不可思議ではありますが、ここは営業が頑張ったのでしょう。

 たまたまスタジアムのキャパが小さい3チームが目に留まってしまいましたが、Jリーグ全体に開幕を告知し、盛り上げる雰囲気・意欲が乏しいような気がしてなりません。清尾さんのコラムによれば”もともとスーパーカップは、リーグ戦開幕を前にして「さあ、もうすぐリーグが始まるぞ!」「今年もリーグはこんなに面白いぞ!」というお披露目試合の意味がある”とのことですが、残念ながら先日のゼロックス杯はそういう形で機能していませんでした。日経で全てを推し量るのはかなり無謀だとは思いますが、ゼロックス杯当日の日経朝刊にはゼロックス杯に関する記事は皆無で非常にがっかりしました(もっとも翌日浦和の惨敗はかなりのスペースを割いて掲載され、ある意味Jリーグ開幕近しの宣伝になったわけですが・・・orz)

 先日J2昇格条件を緩和するとの措置が発表されました。Jクラブの裾野を広げる策をJリーグは一環して打ち出していますが、それだけでは地域的な広がりは生まれるせよファンの量的拡大にはほとんど繋がらない可能性が極めて強いように思います。

 新潟の成功で気を良くしたにように思われた「農村から都市を包囲する」Jリーグの戦略は、ドイツW杯惨敗とともに完全に行き詰まりつつある。開幕戦のチケットの売れ行きを見て、そんな気がしてなりません。

|

« (メモ)F東京1−1東京V | トップページ | 【観戦記】F東京 1-1 東京V »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14044968

この記事へのトラックバック一覧です: やばいな、Jリーグ:

« (メモ)F東京1−1東京V | トップページ | 【観戦記】F東京 1-1 東京V »