« 人生幸朗師匠の気持ち | トップページ | 【観戦記】浦和 2-1 横浜C »

2007.03.03

(メモ)浦和2-1 横浜C

(スタメン)何と闘莉王ベンチ外。永井、相馬先発で4-4-2か?

主審柏原

(前半)阿部をCB中央へ入れての3-5-2。横浜はやはり4-4-1-1。

横浜は浦和の中盤の圧力に抗しきれず、ミス続出。浦和は左サイドから再三チャンスを作って、ついにポンテの突破からオウンゴールで先制。
楽勝かと思ったら終了間際に左サイド深い位置から久保のスーパーゴールが突き刺さって同点。
ワ級、本調子に程遠し。

(後半)引いた相手に同じテンポでボールを回すだけ。中央は堅いのでサイドから放りこむも横浜に簡単に跳ね返される。ダイレクトパスの連携不十分。

しまいに運動量が落ちてきてやばい雰囲気漂う中、永井がドリブルで中央へ切り込みゴール。

不細工な勝ち方だったが、今はどんな形でも勝ち点3を拾うのが大事。

横浜は守りはJ1で通用するかもしれないが、点が取れないのでは?

|

« 人生幸朗師匠の気持ち | トップページ | 【観戦記】浦和 2-1 横浜C »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14116207

この記事へのトラックバック一覧です: (メモ)浦和2-1 横浜C:

« 人生幸朗師匠の気持ち | トップページ | 【観戦記】浦和 2-1 横浜C »