« 本末転倒 | トップページ | 明治製菓様へのお願い »

2007.03.25

【TV観戦記】日本 2-0 ペルー

 もっとまともな相手を連れて来れなかったのか、というのが率直な印象。一線級のプレーヤーは不参加とのことでしたが、ペルーが代表らしい力強さを見せたのは立ち上がりの20分くらいまで。あとは急速に息切れして前半半ばから動けなくなっちゃった上に、親善試合なのに連れて来た人数が少なすぎて、終盤怪我人で10人になっちゃうってなんじゃそれ。

 そして、そんな相手にフリーな選手へ向けて横パスばかりぐるぐる回して(しかも時折イージーなミスも混じる)さっぱりシュートが撃てない日本も相当情けない。結局かなり力の劣る相手にセットプレーでの2点のみ。俊輔のFKの威力は健在。また2点目の高原のシュートは見ごたえがありましたが、流れの中での得点機は数少なく、結局相手を圧倒したのは相手が10人になってから。ボールを圧倒的に支配しただけで非常に退屈なゲームでした。

 縦への勝負のパスが入らない、最前線でのボールキープができない、それゆえ最前線の選手を追い越してゆく動きも少ない。問題点はそんなところでしょうか。巻はやっと得点し、前線からのチェーシングも精力的だったのは良いのですが、最前線での潰れ役という仕事はあんまりできていなかったような(それは巻のせいではないかもしれませんが)・・・ 代わりに入ってきた矢野はお話にならず。

 攻撃が左サイドに偏り、加地がほとんど見せ場を作れなかったのも気になりました。逆に再三左サイドでチャンスメークしていた駒野もドリブルで相手をちぎるところまではいいんですが、残念ながらファウルをもらうのが精々で自ら決定機を演出できず。

 赤サポ的には阿部は代表のほうが明らかに生き生きしているのは困ったもの(らしくない凡ミスも散見されましたが・・・)。あんなに積極的に前に出る阿部って浦和じゃまだお目にかかれない・・・

 またパス回し遊びみたいなゲームになると啓太が下手なのが丸判りで気の毒でした。ペルーもその辺は判っているのか、前半半ば以降啓太がボールを持つとそこだけプレスを掛けに行ったようなw

<スタメン>

___高原__巻____
_遠藤______俊輔_
___阿部__啓太___
駒野_釣男__中澤_加地
_____川口_____

 シドニー帰りの浦和勢は全員スタメン(坪井は肉離れでペルー戦を前に離脱)とオシム容赦なし。阿部は後半15分で勘弁してもらえましたが、啓太は後半39分まで、そして闘莉王はフル出場。

P.S.

 海外組が加わるだけで観客6万強にまで膨れ上がるって、いったい何なんだ?

|

« 本末転倒 | トップページ | 明治製菓様へのお願い »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14374328

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】日本 2-0 ペルー:

« 本末転倒 | トップページ | 明治製菓様へのお願い »