« (メモ)浦和2 ‐0甲府 | トップページ | 日本女子、W杯出場決定! »

2007.03.17

【観戦記】浦和 2-0 甲府

 序盤の甲府の攻勢を凌いだ後は、ほぼ一貫して浦和のペース。ワシントン復活近しを感じさせる2ゴールとリーグ戦初完封というおまけも付いて、浦和は危なげなく勝ち点3を積み上げました。

20070317kofu

 序盤だけは完全に甲府ペースでした。浦和相手にアウェーであれほど積極的に前からプレスを掛けてくるチームは滅多にありません。浦和はそんな甲府に面食らったのか、ほとんどボールを繋げず。逆に甲府のボールに対してプレスをかけにゆくも、甲府が短いパスの交換で浦和のプレス網を巧妙に掻い潜ってくるために、守備が後手に回り勝ち。ただ惜しむらくは甲府は良い感じで中盤を作りながらもフィニッシュまで持ってゆけません。

 時間が経つにつれて浦和は甲府のやり方に慣れてきたのでしょうか、中盤でボールを奪い返すことができるようになり、カウンター気味にチャンスメーク。甲府が中盤を組み立てながら勝負を仕掛けているのに対し、浦和はカウンターで対抗とどちらが格上なんだかわからない構図ですが、積極的に前に出てくる甲府相手にはカウンターが極めて有効なことは確か。

 浦和は徹底して浅い甲府のDFラインの裏狙い。中央から、あるいはサイドからのスルーパス一発。またワシントンのポストプレーを使いながらの後方からの飛び出し等多彩な手段を用いながら甲府のDFラインの突破を図りましたが、前半はチャンスを作りながらも得点ならず。概して最前線のパス交換がうまくゆかず、ちょっともどかしい。前半の攻撃は右サイド一辺倒だったように思いますが、3トップの甲府に対して伸二が警戒して上がるに上がれないのか。あるいは裏狙いとなるとスピードのない伸二は使いづらいのか。

 序盤に飛ばしすぎたのか甲府のプレスは時間が経つにつれて鋭さがなくなり、逆に浦和のプレスに圧倒されるようになりました。後半はほぼ浦和ペース。前半何度か試みて上手くいかなかった後方からの選手の飛び出しが上手く機能して2得点。先制点は左サイドに闘莉王が飛び出してポンテの縦パスを受けてクロス→ワシントン押し込み。2点目も左サイドにポンテが飛び出してクロスをワシントンとほぼ同じ形。

 その後も何度か絶好機を掴みながら追加点はならず。後半は甲府ボールに対して複数人でプレスをかけ、ボールを奪い返すとがら空きの逆サイド(往々にして右サイド)へ展開という教科書通りの攻めが何度か見受けられましたが、ラストパスが雑だったり、フィニッシュが雑だったり。ワシントンが絶好調ならもう2点は取っていたでしょうし、エメルソンがいれば5点ぐらい入ったかもしれませんw

 前節新潟戦で2点を追いつかれたのがよほど堪えたのか、先制した後浦和はゲームの流れを意図的にぶつ切りにしにいったように思いました。この辺りは勝負に徹した昨年に回帰した感じ。

 足が遅いのに何度もスペースにボールを出されて伸二がヘロヘロになり、甲府は浦和の左サイドを狙いうちにしながら反撃に転じましたが、そこでオジェックはネネに代えて長谷部を投入。阿部を左ストッパーに配して左サイドの守備強化を図ると同時に、負傷明けの長谷部を試運転という絶妙な采配で甲府に決定機を与えることなく試合終了。2点リードで次節シドニーFCとのアウェー戦を考慮して主力を休ませる意図での選手交代があるかと思ったのですが、やはり前節でびびりまくったのかオジェックは手綱を緩めることなく、結局終了間際に永井を岡野に代えたのみ。

 この日はきれいなツヅキックが何本も見れたのか何より良かった。阿部は積極的に前に出てくるようになったのはいいのですが、チームがその飛び出しを有効に使えていない模様。最後尾の闘莉王の飛び出しのほうが依然はるかに有効。今日は出ただけに等しい長谷部ですが、攻撃面に関して言えば未だ阿部よりは長谷部のほうが使えるような・・・

 開幕戦から沈黙を続ける暢久。この日は何度もチャンスを貰いながら全く得点にならず、まさに攻撃の終点になっていた感も。サイドの守備だけは無難にこなしていましたが、中央深い位置で不用意にボールを失う場面もあって褒められない出来に終始。オジェックがよく我慢していると思います。

 甲府はサイド攻撃からの放り込みが中心。その放り込みに対して飛び出してくる人数が多いのでそれなりに怖さはありますが、この日は形は作っているもののシュートにまでは至らなかった模様。前半30分辺りに決定機を2度ほど作ったくらいでしょうか。個人能力に見るべきものはないので組織力でナンボのチームですが、バレーや倉貫が抜けた他、外国人選手の入れ替わり、主力選手の怪我等が重なると組織力向上もままならず、昨年よりはかなり力が落ちたように見受けられました。ここ3戦では最も内容があったとの評が専らですが、最も内容が良くてこのレベルなら残念ながら今年は残留争い必至でしょう。
 

|

« (メモ)浦和2 ‐0甲府 | トップページ | 日本女子、W杯出場決定! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14293440

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】浦和 2-0 甲府:

» まだまだ、これから、どんどん [うわの空で書いてみる]
開幕戦は、やっとこさっとこ。 ACLは、インフルエンザで欠席。(あぁ今年もホーム全戦参戦ならず・・・) 新潟戦は、知りません。 そして、ホーム2戦目。戦い済んで・・・ [続きを読む]

受信: 2007.03.17 23:25

» 第3節 vs浦和レッズ [セヴァンフォ]
2007年3月17日(土)埼玉 浦和レッズ 2-0 ヴァンフォーレ甲府 得点者:... [続きを読む]

受信: 2007.03.19 10:14

« (メモ)浦和2 ‐0甲府 | トップページ | 日本女子、W杯出場決定! »