« ビラ配りは辛いよ | トップページ | キューティーヤマー »

2007.03.09

超目先の感想と展望

2試合を終えての雑感と新潟戦への展望を。

・どうもオジェックもギド同様、現実志向・安全志向のサッカーをやる模様。但し得点のプロセスが個人技頼みから組織性重視に変わるだけ。

・従って点の取り方がより効率的になり、相手は守りにくくなるだろうが、リスクを取って人数をかける攻めはおそらくやらない。

・それゆえ大量得点は望み薄で、昨年同様守り勝つサッカーになるだろう。

・組織性重視のサッカーは浸透するのに時間がかかるけど、特定個人の欠場による打撃は小さい。従って過密日程をこなすのには向いている。今は全然形になっていないけどじっと我慢だ。

・ゼロックス杯で壊滅した守備の状態は全く不明。3バックの弱点であるDFの両サイドをどうカバーするのか。

・新潟戦は闘莉王復帰が濃厚。おそらく阿部はボランチに戻る。ワ級は使いながらコンディションを上げてゆくしかないので、やはり我慢。フォーメーションは3-5-2のまま、あまり機能していない左WB相馬の代わりに好調の伸二を入れると予想。

・3-6-1で伸二が2列目に上がり、永井が右WBに回るのが次点(この場合暢久がアウト)。ただ新潟は坂本・深井(ポジションチェンジで鈴木慎吾が回ることも)のいる左サイドが相対的に強いので、この布陣は安全志向のオジェックには考えづらいな。

|

« ビラ配りは辛いよ | トップページ | キューティーヤマー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14187484

この記事へのトラックバック一覧です: 超目先の感想と展望:

« ビラ配りは辛いよ | トップページ | キューティーヤマー »