« スタジアムの風景@横浜C戦 | トップページ | 喉元過ぎれば熱さを忘れる »

2007.03.06

シャーレ君とディアラちゃん

 「そういえば命名の締め切りはいつじゃったかいのぅ」とボケをかましている間もなく、浦和営業窮余の一策 - 売れ行きがはかばかしくないマスコット系グッズのテコ入れ- として誕生した(?)レディア&フレンディアの双子の名前が早々と決まりました。

 シャーレ君とディアラちゃん。

 まぁ「ヒデとロザンナ」とか「ヒロシ&キーボー」とか「大助・花子」とかになるよりはいいかと思いますが。

 オヒサルによると名前の由来は

★男の子 シャーレくん(Schalekun)Jリーグ王者だけが手にすることのできる優勝銀皿(シャーレ)から
☆女の子 ディアラちゃん(Diarachan)父親のレディア(REDIA)と母親のフレンディア(FRIENDIA)の「DIA」と、なでしこリーグの女王に与えられる「TIARA」をミックスさせたもの

とのこと。

 レディアとフレンディアの「DIA」、っちゅーか、元々は"Diamond"の「DIA」じゃろうがという誰もが思いつくであろうツッコミ処はさておき、「ディアラ」のほうは予想通り「DIA」を名前に織り込んできました。

 ところが「シャーレ」君には不思議なことにレディア一家伝統の「DIA」が受け継がれていません。やはり「シャーレ」君の本当のお父さんは「レディア」ではないんだという妄想が多くの方々の脳裏に駆け巡ったことでしょう。

 で、本当のお父さんは誰なのか。

 シルエットからすればソ○ックじゃないのかと考えるのはもっともですが、シャーレ君が長じて駄洒落を連発するようになったら、横浜方面にオヤジを探しにいったほうがいいかもしれません。

|

« スタジアムの風景@横浜C戦 | トップページ | 喉元過ぎれば熱さを忘れる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14139242

この記事へのトラックバック一覧です: シャーレ君とディアラちゃん:

« スタジアムの風景@横浜C戦 | トップページ | 喉元過ぎれば熱さを忘れる »