« 遠い独立 | トップページ | 観客動員(ホーム第1節-2) »

2007.03.15

【TV観戦記】U22マレーシア 1-2 日本

 巧い奴は多いんだが、闘っている奴は非常に少ない。

 そんなこのチームの特徴をある意味遺憾なく発揮してのクソゲーム。直前の豪雨でピッチがぐちゃぐちゃになり、日本のスキルを封じられると、途端に日本のトホホ加減が浮き彫りになりました。前節香港戦に続き、格下相手にアウェーとはいえまさに勝っただけの試合。結果は残したといえ、今後に大きな不安を残す内容でした。

<スタメン>

          平山
    増田   家長
 本田圭       水野
    青山敏 梶山
 青山直 伊野波 水本
        林

後半19分:梶山→上田
後半30分:平山→李
後半35分:増田→谷口

 戦前には4バック採用との話もありましたが、蓋を開けてみれば前節通り3-4-2-1。但し平山のフォロー役をカレン・李から家長・増田に、GKを松井から林にとメンバーは代えてきました。右手を骨折した水野は包帯をぐるぐる巻きにして右WBで強行出場。遠目には鍋つかみをはめて走っているように見えますw

 早い時間帯に右CKのこぼれを平山が押し込んで先制した分楽にはなりましたが、それでも日本はほとんどの時間帯でペースを掴めず。ホームのマレーシアは手数をかけずに早めに前線へボールを運んでのカウンター勝負に徹してくるのに対し、日本は有効な攻め手を見出せないまま時間だけが経過していったように思いました。

 マレーシアのロングボール攻撃に対しバックラインが下がってしまい、全体が間延びするのはある程度やむを得ないとは思います。しかし、ドロドロのピッチに妨げられてパスが繋がらず、お得意のサイドからのクロス攻撃はほとんど形になりません。前半に本田圭からのクロスに青山敏が飛び込んでボレーシュートを撃ったぐらいでしょうか。

 また全体が間延びしているためトップにボールが入っても周囲のフォローが遅く、まごまごしている間にマレーシアが帰陣してしまって攻め手を失う場面もしばしば。早い時間帯に先制しているんですから中盤のフォローを待たず、相手の陣形が整う前に前の3人だけで強引に攻めきってしまえばいいんじゃないかと思うのですが、この辺りが非常に消極的なのがこのチームの特徴。後半の追加点は家長の強引なドリブル突破に対して遅まきながらフォローに入った李が押し込んだものですが、こういう形がもっと見られてしかるべきかと。

 後半38分にセットプレーから失点。マレーシアは遠目からでもどんどんシュートを撃ってきて、しかも結構枠内に飛んでいるので、ああいうピッチ状態では不運な失点を食らうかもしれんなとは思いましたが、失点そのものは非常にあっけないもの。結果的に李の追加点が貴重なゴールになりました。

 フジ739が見れないので、早朝から地上波の録画中継をおっかけ観戦。あんなにCMが入りまくるとは予想外でしたが、何時の間にか上田や谷口が投入されているのには心底驚きました。そういうところはカットしちゃいかんでしょう(`Д´)

|

« 遠い独立 | トップページ | 観客動員(ホーム第1節-2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14268018

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】U22マレーシア 1-2 日本:

« 遠い独立 | トップページ | 観客動員(ホーム第1節-2) »