« (メモ)U22 日本3 ‐0シリア | トップページ | 07年レッズレディース »

2007.03.29

【観戦記】U22日本 3-0 シリア

 このところ「詰まらない」の代名詞と化していた感のあったU-22日本代表ですが、久しぶりに胸の空く良い試合を見せてもらいました。2点取ってからはすっかり楽勝気分が漂ってしまい、花見代わりにビール飲みまくり、笑いまくりモードでの観戦だったので、ほとんど真面目に見てません(^^;

 で、フォーメーションですが、恥ずかしながらてっきり平山1トップで李&家長の2シャドーだが李と家長が頻繁にポジションチェンジしているのだと思っていました(^^; 3-5-2だったんですかぁ・・・ っちゅーか、その割には李はFWとしての仕事なんてほとんどしておらず、家長が中盤前目から前線に掛けて至るところで顔を出していたような・・・ 平山が2点取りましたが、ゲームの流れを決めたのは家長の先制点で、しかもその後の働きぶりから見て家長がこの試合のMOMだと思います。っちゅーか、これだけの仕事をする選手を反町はしばらくベンチに置いていたとはいったい何を考えているんだか。

 要するにこのチームは左に本田圭、右に水野と決定的な仕事ができる選手がいて、その選手をいかに活かすかというところに全てが掛かっているわけ。その意味で単純な3トップで両WBの前を塞いでしまうのは愚の骨頂。この試合は家長や李が中央へ入ることで両サイドにスペースを生み出し、中盤でボールを奪っては簡単にボールを叩きながらサイドへ走りこんできた選手に展開するパターンが数多く見られました。

 ただ本来狙いとするサイドからのクロスによる得点は一つも決まらなかったのは反省材料。右からのクロスを中央でどフリーになった家長が高々と打ち上げるのには参りましたが、それ以外にもサイド攻撃からの得点機を何度か逃してしまいました。その代わりサイドが詰まったら中央での打開を図りに行く場面もまた数多く見られ、その一つが家長の先制点となり、またその前の梶山の惜しいシュートにもなりました。エリア周辺の細かいパス回しで相手DFの裏へ飛び出す狙いが一つでも決まっていればなお良かったのですが。

 立ち上がりのシリアのサイド攻撃には随分苦しめられました。特に本田圭の裏は再三狙われていたような・・・ またセットプレーの守りも危なっかしい場面がままあり、その辺は反省材料。なぜかシリアのゴールが取り消されましたが、シリアに先制されていればゲームの様相は大分違ったものになっていたでしょう。その意味で家長のゴールは極めて貴重で、その後はサイドで簡単に数的有利を許すことなく(とはいっても本田圭の守備は相変わらず危なっかしいのですが・・・)、セットプレー以外ほぼ無難に守りきれたかと思います。

 手のひらを返すようですが、「やればできるやん!」っちゅー感じですね。

 合流が遅かったのが響いているのか、李の役割どころがはっきりしないのと、交代で入ったカレンがそれ以上に何をやっているのかわからないところ。さらにやはり右の水野と比べると左の本田圭の攻撃能力が十分に活かされているとは言いがたい(攻撃にはしょっちゅう絡んでいるのですが、ほとんど有効打になっていない・・・)ところ。その辺がこの試合の数少ない要調整事項でしょうか。

 シリアの中盤のプレスは至って緩慢で、得点機が多かった割りに3点に留まったのは残念ですが、そもそもこのチームはFWがしょぼしょぼでおよそ大量点が取れるチームじゃないので得点機を沢山作れれば十分だと考えます。

|

« (メモ)U22 日本3 ‐0シリア | トップページ | 07年レッズレディース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14442524

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】U22日本 3-0 シリア:

« (メモ)U22 日本3 ‐0シリア | トップページ | 07年レッズレディース »