« (メモ)柏0 ‐2浦和 | トップページ | スタジアムの風景:柏2007 »

2007.04.16

【観戦記】柏 0-2 浦和

 3戦連続同じスタメン。ACLと併行しながらの厳しい日程で選手が疲れきっているのは手に取るようにわかりましたが、それでも前半に2点先制。後半は相手の攻勢を凌ぎきって完封勝ちとこれ以上ない結果を得ることができました。アウェーゲームでの勝利は今季初。

20070415kashiwa0

 この日も4バックでしたが、オジェックは中盤の構成を大きく変えてきました。これまでは

   ポン
長谷  伸二
   啓太

というダイヤモンド型だったのですが、この日は伸二を左サイドの高い位置に置いたのが最大の特徴。しかも伸二に代えて長谷部を右SHに据えたわけではなく、むしろ啓太との2ボランチという印象。永井が右サイドの中盤に下がる場面が多く、右サイドが開いた変則的な4-2-2-2、見ようによっては4-2-3-1とも取れる変則的なフォーメーションを敷いて来ました。右サイドには終始ぽっかりスペースが空いているので、前半はサイドチェンジで右SBの暢久を走らせる場面がかなり見られました。左利きの選手がいない現在、従来のフォーメーションでは攻撃がやや右サイド偏重になってしまうので、両足が使える伸二を左に持っていって左右のバランスを取ったのかもしれません。しかし、その分阿部の攻撃参加は全くと言っていいほど見られなくなりましたが、伸二を攻撃に専念させるためにはやむをえないとの判断でしょうか。

 フォーメーションはともかく、双方とも中盤のプレスが厳しいためか、あるいは単に過密日程で共に疲労が蓄積しているためか、立ち上がりは両軍ともミスが続出。なかなか攻撃の形が作れないまま序盤を終えました。

 しかし、その局面を先に打開したのは浦和。柏の厳しいプレス網を嫌ってか、やや深めの位置からスルーパスを狙ったり、あるいは直接FWへボールを入れて柏DFラインの裏を狙う攻撃が目立ちはじめました。長谷部のスルーパスで裏に抜け出たワシントンのシュートはポストを叩いてしまいましたが、闘莉王のロングボールが前線の永井に渡り、右サイドに流れた永井のクロスをワシントンがヘッドで決めて先制。

 その後は浦和の選手が高い個人技で柏のプレス網を掻い潜る場面が増え始め、テンポ良くボールが回るようになりました。柏はボランチの山根が負傷退場し、途中で3バックに変更せざるを得なくなったのが良くなかったのかもしれません。前半30分から前半終了にかけての15分間は今季の浦和で最も良かった時間帯といっていいでしょう。後半浦和がヘロヘロになるのは判りきっているので浦和は是非とも追加点が欲しかったところでしたが、長谷部のスルーパスを中央で受けた伸二(というか長谷部は永井を狙ったのですが、偶然?永井がDFを引き連れてスルーし、伸二が拾う形に)がGKとの1対1をきっちり決めて追加点。ここでなんで伸二がその位置にいたのかがちょっと謎でした。

 一方の柏は前半攻撃が全く機能せず。とりあえずフランサという攻撃パターンは読まれやすく、いくらフランサが優れた個人技を持っていようと浦和のDF陣相手では全く通用しないかと。また五輪予選で李・菅沼、さらに負傷で鈴木と3人もレギュラーを欠いたのが痛手だったのかもしれません。前半フランサの唯一の見せ場はシミュレーションでイエロー頂戴。

 そこでノブリンは後半頭から全く何もできなかった阿部吉に代えてドゥンビアを投入。さらに後半の早い時間帯に同じく全く何もできなかった佐藤由に代えて谷澤を投入して攻勢を掛けましたが、これが見事的中。共に個人技でゴリゴリ仕掛けて行くタイプで、戦術理解だとかスタミナとかに問題があるために先発起用されていないのでしょうがこの二人、とりわけ谷澤に浦和DF陣はいいようにかき回されました。彼らが動くことで最も怖いフランサへのマークを離してしまう場面もしばしば。

 後半10分から15分、浦和のDFラインは下がりまくり、中盤も押し込まれてプレスが全く効かなくなって新潟戦や大分戦の終盤のような惨状を呈するようになってしまいました。しかし、そこを浦和はなんとか凌いで相手に与えた決定機はフランサの一発のみ。

 後半は永井のポジションを上げて明確な4-4-2に戻し、一応カウンターの姿勢は見せるものの、すっかり足が止まってカウンターをちらつかせることすらできなくなった浦和に対しオジェックがどうするのかが見物だったのですが、遅まきながらオジェックの選んだ手は永井→平川。平川が右SBに入って、暢久を2列目に上げての4-5-1というもの。現地では観戦した位置が低かったこともあってその辺が判然とせず、てっきり平川右WBの3-6-1かと思いました。ちょっと平川のポジション取りが微妙だったような・・・ 阿部の張り出し方を見ると4バックのままだったような・・・

 しかしオジェックの苦心の一策も十二分に機能したとは言いがたく、相変わらずカウンター攻撃ができない上に終始押し込まれる状況に変化はなく、終盤に谷澤に際どい一発を浴びてしまいました。結局時間稼ぎでロスタイムに岡野を投入しただけで、この日も交代枠を余したまま試合終了。早々と首位に立ち、得失点差も柏に次ぐポジションにつけるなどなんら文句のつけようがない結果が出ていますが、試合内容は相変わらず釈然としないまま。まぁそれでも柏に与えた得点機は2回切りですから上出来という言い方もできますが。

 ヨレヨレ、ヘロヘロの状態で迎えるホーム川崎戦やいかに。

|

« (メモ)柏0 ‐2浦和 | トップページ | スタジアムの風景:柏2007 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14690816

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】柏 0-2 浦和:

« (メモ)柏0 ‐2浦和 | トップページ | スタジアムの風景:柏2007 »