« 浦和経営情報2006で遊ぶ | トップページ | 観客動員-ホーム第4節(1) »

2007.04.23

夢の途中

 タイトなスケジュールにも関わらずスタメン固定。しかも選手交代が少なく、大抵交代枠を余してしまうことでイマイチ評判のよろしくないオジェック監督ですが、彼に関して感心するのは表立って審判批判をしないこと。

 そもそも今季一度も何かと物議をかもし出す主審に当たっていないこともあるかもしれませんが、いかにも怪しげなオフサイドの判定があろうとも、またいかに汚げな行為に対しファウルを採ってくれなくても、オジェックはベンチで成り行きをじっと見守っています。その姿はどんな理不尽な仕打ちに遭おうとも、じっと耐えに耐えている高倉健を髣髴させるといえば言いすぎでしょうか(明らかに言い過ぎ)。

 審判も人の子。試合中に相手にとやかく言われて心穏やかであろうはずがなく、人によっては逆ギレしてしまうこともあるでしょう。

 これまでも何度か書きましたが試合中、あるいは試合後の会見での審判批判は百害あって一利なし。その点ではオジェックは経験を積んだ監督だなと思います。

 意外に早い時期に4バックへ移行し、攻守に組織性を持たせようとはしているものの、一朝一夕に組織力は上がらず。しかも悪いことにワシントンが不調&アレックス移籍で個人能力による打開も昨年のようにはいかず。しかもチャンピオンチームゆえ試行錯誤は許されず、どうしても目先の勝ちに拘らざるを得ない。なかなか厳しい状況下でチームもオジェックも苦しんでいます。

 しかし、「アレックス→ワシントンor闘莉王で1点ぽこっと取って、後はサイドをズゴズゴにやられながらも闘莉王が徹底的に跳ね返して1-0で勝つ」サッカーよりは、格段に面白みのあるサッカーを指向しているのは明らか。

 川崎戦を見ていると5月一杯は辛抱が続きそうですが、監督を代えて海外で通用するチームを目指している最中ですからやむを得ないでしょう。辛抱、辛抱(と自分に言い聞かせる)。

|

« 浦和経営情報2006で遊ぶ | トップページ | 観客動員-ホーム第4節(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14818189

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の途中:

« 浦和経営情報2006で遊ぶ | トップページ | 観客動員-ホーム第4節(1) »