« どっちなんだ? | トップページ | ごらんアウェー:大分2007-別府編(了) »

2007.04.18

【TV観戦記】U-22シリア0-2日本

(スタメン)

シリア戦(ホーム)から李→カレン、本田拓→青山敏と変更

--平山--カレン-
----家長----
本田圭-----水野
--梶山-青山敏--
水本-伊野波-青山直
----西川----

(前半)

 水野、右から中に切り込んで強烈なミドルシュートが炸裂!!

 左CK→シリアGKとDFが交錯。ファーの本田圭がフリーで蹴りこんで追加点。

 シリアは後に人数をかけて守ってカウンターという作戦。中盤ではあんまりプレスを掛けてこない。そのため日本は相手エリア近くまでは楽に進出できるが、全体に動きに軽快さを欠く上にボール回しのテンポが悪く、散発的にサイドからチャンスを作る程度。

 シリアはカウンターに活路を見出すも、最前線~2列目へのパス精度が低い上にやや手数を掛けすぎで日本に脅威を与えるには至らず。但しシリアのミドルシュートは威力があり、かつ正確なのでDFラインとボランチの間が空くと怖い。

 在シリア邦人の子供の声援がうるせー!!!

(後半)

 シリア、後半頭から突如前掛りになって前・中盤から激しくチェックを掛けながら猛攻勢。

 日本は出足で、あるいは玉際で負けまくって防戦一方。梶山→上田の交代も効果なし。

 たださすがのシリアの攻勢も30分を経過した辺りからフェードアウト。

 結局シリアが得た絶好機はFKからの1回だけだったけど、それはシリアのパス精度があまりにもしょぼかったからであって、日本がスピードで千切られる場面はままあったし、また中盤で簡単にボールを奪われ、あるいはミスからやばい形を作られた場面も多々あった。

 結果は全く問題ないけれど、またしてもしょっぱい内容。最終予選を勝ち抜けるかどうか、ぎりぎりのところでしょうな。前回アテネ同様、組み合わせに恵まれることを祈るのみ。人材豊富なボランチ陣の中で梶山を重用する理由がさっぱりわからんなぁ・・・

 早々とシリア入りした割りにはコンディションが良くないというのもアレですが、コンディションが良くないならそれなりに2点先取した後は適当に相手をいなすような試合運びをしても良いはずなのに、中途半端に攻めに出てカットされて反撃をくらうって、、それじゃ浦和@アウェーの残り5分を45分やっているようなもんじゃないでしょうか?

P.S.

 なんで新潟のレプリカ着ているサポがいるんだ???

P.S.2

 試合見ないでPCカタカタやっている報道陣っているんですね。そんなんで記事書けるの???

P.S.3

 結局

「がんばれにっぽん、ファイト、ちゃちゃちゃ」

だけがやたら印象に残る試合でしたw

|

« どっちなんだ? | トップページ | ごらんアウェー:大分2007-別府編(了) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/14753030

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】U-22シリア0-2日本:

« どっちなんだ? | トップページ | ごらんアウェー:大分2007-別府編(了) »