« 湯郷、遥かなり | トップページ | 【観戦記】浦和 1-1 G大阪 »

2007.05.13

(メモ)浦和1 ‐1G大阪

(スタメン)闘莉王負傷離脱。相馬、ネネ、伸二がスタメン入り。長谷部、永井がサブ。ガンバは怪我の加地に代えて青木。家長、播戸がサブ。

主審西村

(前半)立ち上がりから簡単にDFラインの裏に走りこまれ、さらに2,3列目の飛び出しは全く捕まえられず。案の定細かいパス交換で翻弄され遠藤?に飛び出されてバレーのゴールを許す。

しかしその後ガンバはなぜかスローダウン。カウンターねらいに切り替えたか。
これで浦和が息を吹きかえし、相馬のドリブルを軸に攻撃。しかしラストパスやシュートの精度が最悪。特に伸二。ワシントンのゴールはファウルの判定。

(後半)ガンバも連戦で疲れているのか、中盤のプレスが次第に効かなくなり、浦和が両サイドから猛攻。ワシントンがPKを外して暗雲漂ったが、相馬→長谷部で左に回った阿部のクロスをワシントンが決めて同点。永井を投入して外したのがポンテは謎。しかも永井の出来もあんまりで逆転はならず。今日は最後までラストパスやシュートの精度が悪かった。

ネネ→内舘は引き分け狙いか?

ガンバの勝負手=家長・播戸投入は不発気味。ただポストに助けられた場面も二度あり、引き分けやむなし。

疲労こんぱいの中、選手はよくやった。まだ昨年のサッカーを引きずっているけど少しずつ前進している。

|

« 湯郷、遥かなり | トップページ | 【観戦記】浦和 1-1 G大阪 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/15055655

この記事へのトラックバック一覧です: (メモ)浦和1 ‐1G大阪:

« 湯郷、遥かなり | トップページ | 【観戦記】浦和 1-1 G大阪 »