« 東海道行脚9:(豊田町)~二川 | トップページ | 奇特な方 »

2007.06.11

【TV観戦記】浦和 1-0 城南一和

 海外公式戦初勝利おめー!!!

<スタメン>

---達也--ワシ---
-----長谷部----
相馬--------岡野
---阿部--啓太---
-ネネ--闘莉王-堀之内
-----都築-----

 前半はダイジェストなのに、さらにCM入りまくり。ポンテと暢久を欠くくらいでベストメンバーに近い陣容で臨んだこと。暑さのためか前半半ばにして共に中盤がスカスカで、カウンターから長谷部→ワシントンで先制したことぐらしかわからず。城南は立ち上がり中盤でしっかり繋いで両サイドから攻撃を仕掛けてきましたが、ぶつ切れのダイジェストは浦和のチャンス場面がほとんどなので、その後城南がどうだったのかさっぱり判らず。でもイライラしている選手がいて城南のペースではないことは明らか。

 後半は矢継ぎ早に選手を代えてきた城南に対して運動量で差をつけられ、ほぼ一方的に城南ペース。最終ラインで必死に耐えるという昨年良く見た展開になってしまいましたが、城南はラストパスの精度が悪くて浦和のボランチ・DF陣の網にひっかかりまくり。結局相手の決定機といえるものは

・左サイドからクロスを入れられ、こぼれ玉を拾ったシュートがクロスバーを掠めた

・壁パスでDFラインを抜け出され、シュートは緩かったものの、タイミングを外された都築がいったんポロリの後セーブ。

の2本だけだったように思います。ロスタイム突入寸前に闘莉王が怪しげなPKを取られましたが、都築がかろうじてセーブ。その後両軍もみ合いの乱闘劇がありましたが、その後は危なげなく逃げ切り。

 ボール支配で優勢に立っていた前半がカットされまくったので、なんか昨年の延長のような試合内容に見えてしまいますが、達也が山東戦に続いて好調なことが確認できたのは大きな収穫でした。

<後半20分:相馬→暢久>

---達也--ワシ---
-----長谷部----
阿部--------岡野
---暢久--啓太---
-ネネ--闘莉王-堀之内
-----都築-----

 足が止まっているのが誰の目にもわかる浦和ですが、オジェックは例によって我慢に我慢を重ね、とはいってもリーグ戦に比べれば比較的早く動いて暢久を投入。相馬は単に仕様通りの電池切れなのか、あるいは後半早々に相手と接触して傷んだのが尾を引いたのか、あるいは45分持つかどうかも怪しくなっている右の岡野御大にはボールを出さないことがチームのお約束になって高い位置にいる相馬を使いまくったのが響いたのか、後半はミスを重ねていましたので早い時間での交代は已む無し。相手のプレッシャーを交わせずに自陣へ向けてどんどんドリブルしてしまう相馬の姿は少々物悲しくありました。でも前半は何度か攻撃で見せ場を作っていたので、全体としてはほぼ期待通りの出来といっていいでしょう。

 テレ東のアナは暢久が左サイドへと言っていましたが、そんなわけないだろう!!! だいたい投入された時はセットプレーでポジションなんか判るわけない。でも交代出場の暢久はやはりぴりっとせず、気温30度以上での起用は規格外であることを証明。

 後半の浦和は自陣に釘付けになり、最終ラインで必死に跳ね返してカウンターで勝負をかける、ある意味お馴染みの展開になってしまいましたが、ビルドアップの過程でミスが多くて再度逆襲を許す場面が目立ったのは残念。でもそういうチャンスを決定機に繋げられない城南にそんなに強いチームという印象は残りませんでした。城南は中盤といい、エリア前といい、割としっかり繋いでくるのでJリーグのチームと試合しているような感じ。浦和よりスタミナがあるのは明白ですが、スピード任せ&フィジカル頼みでサイド突破&強引なクロスを入れてくるかつての韓国のイメージは全然ありません。

 ポンテに代えてトップ下に起用された長谷部。ワシントンへのアシストを始め、前半の活躍ぶりをもっと見たかったところですが、後半は消えていた時間が多かったような・・・ 当たりに強いところは見せてくれましたが、もうちょっと動いてくれないとボランチがしんどい。やはり連戦に弱いタイプなのでしょうか。

<後半28分:岡野→細貝>

---達也--ワシ---
-----長谷部----
阿部--------細貝
---暢久--啓太---
-ネネ--闘莉王-堀之内
-----都築-----

 後半はずっと休みをもらっていた岡野。「線香花火が消える前の一瞬の輝き」のように良いクロスを一本上げたところでようやくお役御免。細貝を投入したのは良いのですが、細貝はボランチが本職なのにオジェックが暢久を右に回さずボランチに置いたままにしたのは謎。暢久は3-5-2のWBがこなせるほどの運動量は期待できないということなのでしょうか? 交代出場の細貝は気合十分。数少ないチャンスを生かそうとする姿勢は山東戦で投入された控え組と比べると図抜けていました。

 30分過ぎに相手の一瞬の隙をついて達也がDFを交わして後ろからチェックを受けながらシュート!という場面がありましたが、ここは城南GKがファインセーブ。浦和は中盤の押上げがなくなって両FWが孤立。これで点を取るのは相当難儀。それでもワシントンが個人技に走ることなく、味方の援護を信じてポストプレーを担っていた(折り返しがうまく味方に渡らないこともままありましたが)辺りは良かったかなと。運動量の多い達也が入ってなんとなくやり易さを感じているのかもしれません。

<後半35分:ネネ→内舘>

---達也--ワシ---
-----長谷部----
阿部--------細貝
---暢久--啓太---
-内舘--闘莉王-堀之内
-----都築-----

 相手のセットプレー時に接触があったようで、ネネが負傷交代。平川といい、ネネといい、外国のチームと試合する度に怪我してしまいます。

 主審の判定はかなり怪しげなのですが、浦和はエリア周辺でファウルを犯してしまう場面が増え始め、ついには闘莉王が相手に交わされそうになったところでPKを取られてしまいました。またも海外で勝てずと目の前が真っ暗になりましたが、都築がシュートコースをきっちり読んでなんとかセーブ。山岸贔屓の方には申し訳ないが、PKになった時だけは都築に圧倒的に分があります。まさに都築は神。

 そしてその後乱闘。ボールがGKに納まっているのにボールを蹴りに来たモタに対して都築が激怒したのは至極当然。でも当の都築はモタに対して手は出していないし、関西弁で怒りまくってもモタには通じないからなんとなくそのまま納まりそうだったんですが・・・ その後闘莉王がモタに対して何か言ったのが乱闘の原因じゃないかな?なんだか良くわかりませんが、モタが一発レッドで退場。

 浦和に痛んだ選手が多かったのでロスタイムが5分と長いのは仕方ありませんが、達也がなんとか時間を稼いでなんとか逃げ切りに成功。乱闘でブチ切れたのか、5分と表示されたロスタイムを4分強で主審が終わらせてしまったのには笑いました。

 笛の音と共にスタンドを駆け下るレッズサポ。厳しい環境下での厳しい闘いになりましたが、お疲れ様でした。

|

« 東海道行脚9:(豊田町)~二川 | トップページ | 奇特な方 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/15385744

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】浦和 1-0 城南一和:

« 東海道行脚9:(豊田町)~二川 | トップページ | 奇特な方 »