« 党首をオールスターへ | トップページ | (メモ)瓦斯0 ‐2浦和 »

2007.06.17

浦和夏ダイヤ

房総方面への海水浴客輸送に鉄道が活躍していた頃、夏季の房総半島は臨時列車が大幅に増発される「房総夏ダイヤ」というものが組まれておりました。

もっとも高速道路の延伸やアクアラインの開通で房総半島の鉄道はすっかり競争力を失って、今は「夏ダイヤ」どころでなくなってしまいましたが、そんな鉄話はさておき、山田暢久の正常稼動が保証されているのは気温25度以下。それを超えると急速にパフォーマンスが劣化する傾向があるのは赤サポなら誰でも周知の事実。

スタメンを基本的に固定していたギドですら夏季の暢久のパフォーマンスには余程腹が据えかねたのか、怪我でもないのにキャプテンをスタメンから外すという荒治療に打って出ました。

同じようにスタメン固定型のオジェックはどんな「夏ダイヤ」を組んでくるのでしょうか?

|

« 党首をオールスターへ | トップページ | (メモ)瓦斯0 ‐2浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/15430081

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和夏ダイヤ:

« 党首をオールスターへ | トップページ | (メモ)瓦斯0 ‐2浦和 »