« ACL準々決勝は全北現代 | トップページ | 天野@早大が女子特別指定選手に »

2007.06.14

【TV観戦記】浦和 1-3 上海申花

ワシントンの一発レッドはどこで消化されるのでしょうか???

中国勢に2敗しただけでなく、試合終了後の審判への異議という最もくだらない一発レッドで幕を閉じるという、なんとも情けない結果になったA3。怪我明け、あるいは控え選手のテストの場としては収穫があったと思いますが、敗れた2戦の内容が悪く、日曜日に再開するリーグ戦にちょっと尾を引きそうな気がします。この試合結果、内容を受けて「A3イラネ」と言うのは負け惜しみを通り越して滑稽なような・・・

<スタメン>

---永井--ワシ---
-----ポンテ----
相馬--------暢久
---阿部--酒井---
-内舘--闘莉王--細貝
-----山岸-----

 代表でお疲れの阿部を使ってきたのが予想外だったくらいで、後は予想しうる範囲のスタメン。小池や堤をスタメンで使って来なかったあたりに一応タイトルへの意欲を見ることができます。「勝ちに行ったのか、テストの場なのか、中途半端だ」という見方もあるでしょうが、主力選手との相性とは無関係に控え選手だらけで実戦に臨むのは反町くらいなものでしょう。

 例によってCMでぶつ切りの放映なので本当のところは試合の流れは「よくわからない」といったほうがいいのでしょうが、立ち上がりの浦和は積極的に前に出て行ったように見受けられました。またACLでは非常に守備的な印象を受けた上海申花が、浦和以上に積極的に前に出てきたのには驚かされました。

 好勝負が期待できるなと思ったのですが、前半9分上海DFのロングフィードに対し相馬?の対応が若干遅れて相手に競り負け、というかぶっち切られる格好になったところから先制点を許してしまいました。非常に悪い形での失点ですが、なにせ残り時間はたっぷり。落ち着いて反撃の機会を窺えばいいはずなのですが、ACLでは失点の気配すらなかった相手に先制を許して動揺したのか、浦和のリズムは完全に狂ってしまいました。中盤の押上げがないままに、ポンテ頼み、ワシントン頼みという単調な攻撃に終始。しかもこの日はこの両外国人が絶不調。ポンテは第2戦前に体調を崩し、練習も休んでいたそうなのである程度仕方ないのかなと思います。ワシントンの不調はやはり疲労からくるのもかもしれませんし、自分へのマークがきついのに相方が全く何もしてくれないのでイライラしたのかもしれません。

 浦和の攻撃が体をなさないでいるうちに、今度はCKから失点。阿部がマークについていることはついていたのですが、最後の最後で詰めきれませんでした。

 ここまではまぁ仕方ないかと思いましたが、なんともやるせないのは3失点目。右サイドを崩され、なんとかクロスをクリアしたかと思ったらそれを拾われてロングレンジのシュート!!! 誰も詰めていませんでした・・・orz 前半も終わろうとする時間帯ですが、この辺りでもう浦和は電気切れ。テレ東は「啓太不在」をしきりに強調していましたが、さもありなんという感じ。やはり阿部は疲労困憊。控え組としてここで働かないといけないはずの酒井にいたっては(ダイジェストのため余計目立つのかもしれませんが)ここぞという場面でミスを繰り返して浦和を窮地に追い込んでしまいました。

<後半開始:阿部→長谷部>

---永井--ワシ---
-----ポンテ----
相馬--------暢久
---長谷部-酒井---
-内舘--闘莉王--細貝
-----山岸-----

 阿部を代えたのはリーグ戦を睨んで休ませたのと、3点ビハインドなのでより攻撃的な選手を入れたのでしょう。長谷部投入で浦和がかなり動きがよくなり、攻撃にも厚みが増しましたが、それは上海が引いてカウンター狙いに切り替えたことの裏返しに過ぎない感も。

<終了時>

後半14分:永井→小池
後半20分:酒井→岡野

---小池--ワシ---
-----ポンテ----
相馬--------岡野
---長谷部-暢久---
-内舘--闘莉王--細貝
-----山岸-----

 ついに小池が公式戦デビュー! そして岡野を投入して、それまでやや左に偏っていたサイド攻撃を是正。

 浦和は後半盛んにサイド攻撃を仕掛け、さらにポンテや闘莉王が果敢にミドルシュートを狙いましたが、結局得点はポンテCK→闘莉王ヘッドの1点のみ。ACLから通算して結局上海申花から合計2点、しかも共にセットプレーでしか点が取れていない勘定に。カウンターを食らった場面以外、浦和が崩された場面が少ないため、上海申花は強いという感じはあまりしないのですが、守りは崩れそうで崩れない。ある意味上海申花は浦和チックなチームなのかもしれません。シュート数も結局浦和のほうが多かったような気がするのですが・・・

 浦和はサイドから良い形を作るのですが、クロスの精度が悪かったり、前が薄かったり。ポンテが不調で肝心なところでボールを失ってしまうのも攻撃のリズムを崩す一因になってしまいました。

 デビュー戦の小池。もうちょっと積極的にガンガン仕掛けてもいいような気もしますが、DFを一人交わしてエリア内に侵入&シュート!という見せ場があったのでまぁいいでしょう。その辺が中途半端に勝負に拘っている試合の難しさだとは思います。

 怪しげなオフサイドの判定に悩まされ、主審の進路妨害という荒業も繰り出されての敗戦。でも試合後執拗に抗議するほど審判の判定が勝敗に影響したとは思えず、誠に見苦しい限り。

 中国遠征に参加できなかった伸二・坪井・平川は大原で既に練習試合に出ているようですし、とりわけ伸二・坪井は比較的早く戦列に復帰できそうな気配。この遠征でオジェックは使える選手・目先使えない選手の目処がついたでしょうから(メンバーを頻繁に入れ替えた分、戦術的な積み上げは全くありませんが・・・)、来るFC東京戦のスタメン/ベンチ入り選手の顔ぶれが楽しみです。

|

« ACL準々決勝は全北現代 | トップページ | 天野@早大が女子特別指定選手に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/15428109

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】浦和 1-3 上海申花:

« ACL準々決勝は全北現代 | トップページ | 天野@早大が女子特別指定選手に »