« 天野@早大が女子特別指定選手に | トップページ | 党首をオールスターへ »

2007.06.15

【閉店】陳麻家@川口

 最近都心部を中心に急速に店舗を増やしている「陳麻家」が川口にも出来たので試食してきました。樹モール商店街の一角、もともと「天下一品」があったところに出店しています。

 メニューは基本的に「陳麻飯」と「坦々麺」の2つのみ。中華そばや辛いのが苦手の方向け料理もあることはあるのですが、メニューの片隅に書いてある程度。陳麻飯(大)を頼んでみました。並より100円プラスで680円也。BSE問題で米国産牛肉輸入ができなくなる前までの吉野家と良く似た、極度にメニューを絞り込んでオペレーションを簡単にしてコストを抑え、多店舗展開を容易にした薄利多売型のビジネスモデルです。中華系の外食チェーンといえば「餃子の王将」とか「日高屋」が思いつきますが、こういうメニューを絞り込んだ中華系ファーストフードチェーンというのはありそうでないもの(ラーメン屋は中華系とはいわんでしょう)。

 価格設定は「吉野家」よりは高く、「てんや」と良い勝負。「日高屋」で定食を食うよりは安いというところでしょうか。

20070610chinmaya_1

 新聞を広げるまもなく陳麻飯が出てきました。ファーストフードは早く出てきてナンボ。客単価を上げるべくメニューを増やした結果、供食時間が伸びてしまったチェーンが少なくありませんが、ああいう店で待たされるというのは非常にむかつきます。何かのついで、何かの合間に食事するという状況下では「さっと出てくる」というのは大きな長所です。

 辛さを売り物にしているようですが、そんなにでも・・・すいません、キムチ食いすぎて辛さ耐性できてしまっているもんで(^^; 辛さを全面に出したカレーみたいにいつまでも口内に残って後を引くような辛さじゃないのは良いんじゃないでしょうか。

 薄利多売が見込みやすい都心の駅近辺なら失敗はない商売だと思いますが、川口のような郊外の商店街内での店舗展開というのはどうなんでしょう?樹モールの飲食店は空き店舗になってしまうところはほとんどないのですが、あっという間に潰れるところと長持ちしているところがはっきり分かれています。開店してまもないせいか、狭い店舗の割りに店員がやたら多いのが気になりましたが、もうちょっと落ち着いてから「坦々麺」を食べに行ってみようかなと思います。

 なお「陳麻家」はFC展開で、公式サイトによると

陳麻家店舗は、それぞれの独立した事業主である加盟店経営者が経営しており、
店舗によりお取り扱いの商品が一部異なることがあります。
店舗により商品価格が一部異なることがあります。

とのこと。

|

« 天野@早大が女子特別指定選手に | トップページ | 党首をオールスターへ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/15379566

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】陳麻家@川口:

« 天野@早大が女子特別指定選手に | トップページ | 党首をオールスターへ »