« 【観戦記】U22日本3-1マレーシア | トップページ | 法大・本田が清水入りへ »

2007.06.08

【TV観戦記】山東魯能 4-3 浦和

 終盤に2点返してスコア上は打ち合いの激戦という形を作りましたが、内容的には1-4の完敗といって差支えないでしょう。

 浦和は代表組を欠き、ワシ・ネネ・相馬といった主力を若干名休ませてフレッシュなメンバーで試合に臨みましたが、山東魯能はそんな状態で歯が立つような相手ではありませんでした。少なくともアウェーではフルメンバーで臨んでようやく互角というレベルでしょう。山東魯能は今年ACLグループステージ突破に失敗していますが、そのグループがいかに厳しかったかが十分想像できます。

 山東魯能は頑強でスピードもあって、そこそこ上手い。おまけに暑さと汚い空気に慣れているホームの利を生かして運動量でも浦和を圧倒。浦和はボールをしっかり繋げられず、右サイドを中心にボコボコにやられて4失点。

 久々出場組では達也と長谷部が上出来だったという収穫もありましたが、控え目にいえばそれだけでした。

 A代表の試合を立て続けに見た後だと、浦和の選手の動き出しの悪さ、連動性・組織性のなさが否応なしに目につき、個人能力の劣る選手を出すとそのまんまチーム力の低下に繋がってしまう悲しい現状が浮き彫りになりました。

<スタメン>

テレビでは4-4-2だといっていましたがアナ&解説(前園)は現地に行っているわけではなさそうで、なんかDF登録の面子だけで判断しているような・・・ DFラインを俯瞰する画像がほとんどない上に、堤が終始行方不明だったので本当に4バックだったのかどうか確認できず。ホリの位置だとか見慣れたようなやられ方加減wとかからすれば3バックに近いように見えました。そこで3-5-2と仮定してフォーメーションを書いておきます。

---永井--達也---
-----ポンテ----
堤---------暢久
--長谷部--酒井---
-内舘--闘莉王-堀之内
-----山岸-----

 山東はどういう意図かはわかりませんが立ち上がりは縦から、あるいはサイドからどんどんロングボールを放り込んで来ました。高さとスピードを生かしての文字通り「力攻」という感じでしたが、それは全部闘莉王に跳ね返されて効果なし。浦和も山東の厳しいプレスの前にボールをしっかり繋ぐことが出来ずに苦戦し、ポンテにボールが渡ってからのカウンターに活路を見出すのが精一杯でしたが、右CKの跳ね返りをポンテが拾ってクロス→長谷部ヘッドで先制!!!

 押され気味ながらも先制したところまでは良かったのですが、山東はこの辺りから中盤でしっかり繋ぐ攻撃にシフト。浦和の右サイドを中心に攻撃を仕掛けてきます。同点弾を浴びた場面はボランチがDFラインに吸収されて、DFラインの前にぽっかり穴が空いてしまったのが原因。よくあるやられ方ですが、日頃一緒にプレーしていないメンバーが多数入っているので、DFとDMF、WBとの連携がうまく取れずに簡単に押し込まれ、穴を突付かれる感じ。

 その他にもループ気味のシュートをゴールライン上でカバーに入った暢久がクリアする場面があるなど浦和は防戦一方。

 浦和は相変わらずポンテ頼みの糞サッカーで、たまに長谷部が絡んでくる程度。永井はボールキープもできず、ドリブルにもキレが全くない大惨事。復帰初戦にも関わらず達也はそこそこキレのある動きをしていましたが、シュート精度を欠いたのと永井との連携に難があった模様。でも復帰初戦ですからこれだけできれば十分でしょう。

<後半開始>

---永井--達也---
-----暢久----
堤---------岡野
--長谷部--酒井---
-内舘--闘莉王-堀之内
-----山岸-----

 前半くだらない異議でイエローをもらったためか、あるいは3試合とも出場させることを睨んでか、ポンテを早々と下げて岡野を投入。攻撃の中核だったポンテを下げちゃったら勝負にならんだろうと思っていたら案の定。暢久トップ下は秋まで封印したほうがよさそうな・・・ 岡野をスペースに走らせてなんとか反撃の糸口を掴もうとしていましたが・・・

 主導権は相変わらず山東。ホリが身を挺してシュートをブロックする等浦和も最終ラインで必死に耐えていましたが、右CKをヘッドで合わされてついに失点。闘莉王が完全に競り負けてしまいました。

<終了時>

---ワシ--達也---
-----暢久----
相馬--------岡野
--長谷部--酒井---
-内舘--闘莉王-堀之内
-----山岸-----

 逆転されてからオジェックはワシントン・相馬を立て続けに投入して反撃。選手交代が遅く、しかも往々にして交代枠を余らせてしまうことで批判の多いオジェックですが「やればできる」ことを証明。というか、この試合を控えクラスのテストと割り切ったわけではなく、勝敗にも拘る姿勢を見せてくれました。

 しかし選手交代が奏効する前に、酒井が自陣深いところでパスミスをしたのを契機にホリがPKを与えてしまってまたも失点。酒井は全体に運動量に乏しく、とても啓太の代わりにはなりそうもありません。

 さらに闘莉王が攻撃参加したところでカウンターを食らい、浦和は2列目から飛び出してきた選手を全く捉えることが出来ずに4失点目。もうこの辺りから浦和と山東の運動量の差が如実に出てしまって悲しい限り。浦和の陣形もべろーんと間延びしてしまって中盤不在。やられるのも道理です。

 これで勝負は完全に決まり。最後は山東の集中が切れてしまったのか、セットプレーと長谷部のアシストでワシントンが2点返して意地は見せてくれましたが、ズコズコにやられたという印象を変えるほどのものはありませんでした。もっとも最後にタッチを割りそうになったボールを必死に追いかけた岡野の姿には感銘を受けましたが・・・ 中盤が崩壊しているせいか、相馬のところへボールがあまり行かなかったのも残念でした。

 おそらくオジェックは代表組が合流する次回の城南一和戦にベストメンバー、そして最後の上海申花戦は週末のリーグ戦を睨んで再び控え中心で臨むのではないかと思います。

 監督就任後半年近くが経過したにも関わらずチームは未だ組織力が上がったといえる状態にないようですが、A3の厳しい連戦で一つでも二つでも何か成果を掴んで欲しいものです。

|

« 【観戦記】U22日本3-1マレーシア | トップページ | 法大・本田が清水入りへ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/15353504

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】山東魯能 4-3 浦和:

« 【観戦記】U22日本3-1マレーシア | トップページ | 法大・本田が清水入りへ »