« 大阪近郊のりつぶし2007 | トップページ | 【観戦記】浦和 3-1 湯郷 »

2007.07.22

【TV観戦記】日本 1-1 豪州

またしても川口は神。

こいつは国際試合、しかもビッグゲームになればなるほど神懸ってしまうようです。

PKを立て続けに2本セーブ。川口がPKに強いことは、少なくともアジアレベルでは知れ渡っているでしょうから、PK戦にもつれ込むとヤバいと相手が思ってくれるとしめたものなんですが。

豪州は立ち上がり、及び前半30分前後に攻勢を仕掛けてきたくらいでほぼノーチャンス。警戒していたセットプレーで先制されてしまったのはお粗末でしたが、内容は日本の完勝。しかし、後半豪州に退場者が出て9割方勝てた試合を決めきれず。相手GKの奮戦もあってPK戦にもつれこんだところでまずい展開と思いましたが、やはり川口は神でした。

もともと引き気味だった豪州が退場者を出してベタ引きになってしまって日本は却ってやりにくくなったのは否めないかと思いますが、日本のサッカーは非常にもどかしい。カタール戦もそうだけど、今の日本は綺麗に崩そうとしすぎ。強引な一発というものがない。モンテネグロ戦で中村憲がフリーの山岸に出さずにシュートを撃って(しかも枠外)怒られたあたりからそうなったわけじゃないのでしょうけど、それにしてももどかしい。相撲で言う「勝ち味が遅い」という奴ですか。

FWが3バックのサイドに流れて豪州のDFをつり出し、日本の2列目や中村憲が前線につっこんでくると豪州はそれに対応できず、そのまま押し切ってしまえばいいのになぜかスローダウン。SBの上がりを待つのはいいのですが、両SBとも(2列目のオーバーラップを誘う以外は)何の役にも立たず。ハイクロスは意味がないっちゅーねん・・・ 

相手のセットプレー崩れ等で早く攻めたいところでも、日本はなぜかスローダウン。 なんか豪州の守備陣形が整うまで攻めちゃいかんという縛りでもあるんですかね? サイドから何度もチャンスを作りながら、得点は結局DFのミスにつけこんだ高原の個人技(といってもそれに至るまでの中村俊のクロス&巻の折り返しは見事でした)による1点のみ。

オシムが勝負どころで今日に限って千葉枠を投入しなかったのはなぜでしょう? 決定力皆無の山岸は論外ですが、足の止まった豪州に対し動きの良くない遠藤・中村俊を2枚並べたままなのは少々不可解。遠藤→羽生はありだと思いましたが・・・ 最後に破れかぶれで矢野を入れるよりは有益だったような・・・

攻守とも高度に組織的。しかし内容で相手を凌駕しながらも勝ちきれないって良くも悪くもそのまんま千葉ですなw

オシム就任後わずか1年で豪州相手にほぼ一方的な試合運びができるようになったのは正直嬉しい一方、それでもスカっと勝つには至らないあたりに失われた4年間が日本サッカーに与えたダメージの大きさを改めて確認されられました。

聞くところによるとテロ朝解説の松木は泣いてたらしいけど、馬鹿馬鹿しいにも程があります。PKにもつれ込むまでに勝負をつけておかねばならない試合でしょう。 前回のアジアカップはグダグダの内容ながら日本が勝ち進んだからそれこそ泣かせる試合だったけれども、早々うまい具合には行かないことがドイツで露呈。

PK勝ちではドイツの屈辱を晴らしたといいきってしまうのはちょっと辛い。今回は内容を伴った結果を求めたいものです。贅沢なのは了知だけど。

P.S.

 5人目が阿部ではなかったのには非常に驚いたが、それ以上に啓太がどこで出てくるのかと気を揉んでしまったのはナイショだ(^^;

|

« 大阪近郊のりつぶし2007 | トップページ | 【観戦記】浦和 3-1 湯郷 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/15840362

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】日本 1-1 豪州:

« 大阪近郊のりつぶし2007 | トップページ | 【観戦記】浦和 3-1 湯郷 »