« (メモ)浦和2 ‐0伊賀 | トップページ | 【TV観戦記】日本 1-1 カタール »

2007.07.09

【観戦記】浦和 2-0 伊賀

 勝つには勝ちましたが、基本的に運動量で伊賀に遅れを取って前半は得点場面以外見所皆無。伊賀の運動量がやや落ちた後半になってようやく良い形ができはじめましたが得点機は僅少。笠嶋のミスで危ない場面があった他は、クロスバー直撃弾を一つ浴びたくらいで守備はほぼ完璧でしたが、相手との力量差を考えるとお寒い内容といわざるを得ません。

<スタメン>

---北本--安藤---
若林--------土橋
---柳田--庭田---
岩倉-笠嶋--矢野-森本
-----山郷-----

 スタメン&フォーメーションは新潟戦と全く同じ。

 MDPの監督コメントを見ると「組織で守備をしっかりやるということを徹底しました」とあり、前節から2ボランチに変更したり、両SBをほとんど攻撃参加させないあたりは「まずは守備から」との意識から来ているものと思われます。

 それはいいのですが、ホームゲームなのに遠来の伊賀に運動量で負けて中盤で後手後手に回ってしまうのはいかがなものか? 「暑いぜ熊谷」の真昼間にしては曇天のせいか比較的涼しかったこの日、土橋が一人で動きまくっているのが目についたくらいで、後はなんとも・・・ 平日の練習の過程でコンディション調整に失敗したのでしょうか?

 伊賀は中盤フラットの4-4-2。ラインを高く押し上げて陣形をコンパクトに保ち、激しいプレッシングで浦和を中盤で潰す狙いがものの見事に嵌り、前半の浦和は早々と1点先制したものの、その後はほとんど何もできませんでした。

 先制点は安藤が前線でボールをキープ。斜めに走りこんでDFラインの裏に回った若林がボールを受けて、飛び出したGKまで交わしてゴールというエリの持ち味を生かした素晴らしいもの。

 伊賀はDFラインが高い割には4番のCBのスピードにやや難があるようで、DFラインの裏を取って同じくCBに回っている宮本奥さまさえ外してしまえば得点の可能性が見えてくるのですが、残念ながら中盤でボールが収まらないためにスルーパスを出すような展開にはならず、仕方なくアバウトに前線に放り込んでしまう場面が非常に目立ちました。またその放り込みをFWがキープしてくれれば問題ないのですが、この日も北本はやはり北本・・・orz

 新潟戦では再三右サイド攻撃が見られましたが、なにせ中盤でボールを持てないので土橋も飛び出すに飛び出せず。土橋はダイレクトパスの交換で狭い局面を打開して前に出るというのはあまり得意でないみたいで、あくまでもスペースのある状態で使われてナンボの様。

 前半はグダグダでしたが、後半はさすがに伊賀も疲れたのか中盤でのプレスがやや緩慢になり、ようやく浦和は右サイドを中心にチャンスメーク。土橋の飛び出しが何度となく見られるようになりました。両ボランチにボールが収まるようになるとその後の展開は多少楽に。ただシュートに持ち込める場面が少なかったのは反省材料。

 追加点は左サイドでタイミング良くDFラインの裏に飛び出した北本が独力でエリア内まで持ち込んでシュートを決めたもの。やはり伊賀攻略にはいかに右CBにいる宮本を外すかが鍵というのを証明したような得点シーンでした。

 代表では不動のボランチの宮本もチーム事情のためかCBに入っていますが、浦和の攻撃陣では1対1で宮本に勝てませんね。「残念、そこはシジクレイ」を二日続けて見ているようなでした。ポジション的におそらく土橋vs宮本の「奥さま対決」が見られると思ってみていましたが、一度だけ実現。もっとも土橋が宮本との勝負を早々と諦めて横パスを出してしまいました・・・

 組織的な攻撃ができるのは右サイドのみで、左サイドが機能不全というは新潟戦同様。たまに相手のミスを突いてエリが走るくらい。この攻め手の少なさを改善しないと上位相手に点を取るのはしんどいかと。

<後半26分>

 森本→高橋
 若林→窪田

-安藤--窪田--北本-
-----高橋-----
---柳田--庭田---
岩倉-笠嶋--矢野-土橋
-----山郷-----

 追加点を狙いにいった監督は3トップに変更(3トップの位置は流動的)。しかしせっかく中盤でボールが持てるようになったのに、3トップに変えてからまた前線への放り込みが目立ち始め、しかも投入された窪田がこれまたボールをキープできないので全く機能せず。せっかく投入された高橋が無駄になってしまいました。またそれ以前にスピードがあまりない3人を最前線に並べても仕方ないと思いますが。ゴールを決めこそしたものの、それ以外はさっぱりだった北本に代えて終盤左WGに快足の松田を投入して2度ほど左サイドからビッグチャンスを作ったことを考えれば、3トップの人選を間違っているとしか・・・

<終了時>

-松田--窪田--安藤-
-----高橋-----
---柳田--庭田---
岩倉-笠嶋--矢野-土橋
-----山郷-----

 次節は前回大苦戦したINACが相手。3トップでガンガン来るチームで、浦和の守備の安定度を図るにはちょうど良いでしょう。新潟からスタメンに入ったCB笠嶋は高さがあるのは良いのですが、FWに詰められるとやや慌ててしまうのか、この試合で2度ほどプレゼントパスしてしまう場面がありました。タ級の復帰が待たれるところです。

 っちゅーか、党首がベンチにも入れず、観戦にすら来ないってどうよ? こず様は「球舞」のパフォーマンスでノリノリだったんですが・・・

|

« (メモ)浦和2 ‐0伊賀 | トップページ | 【TV観戦記】日本 1-1 カタール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/15694153

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】浦和 2-0 伊賀:

« (メモ)浦和2 ‐0伊賀 | トップページ | 【TV観戦記】日本 1-1 カタール »