« 【TV観戦記】日本 4-1 ベトナム | トップページ | 党首、ファン投票選出ならず »

2007.07.18

【TV観戦記】浦和 2-2 マンU

 共にコンディション万全とは言いがたく、終始まったり感が漂ってやや退屈な時間帯もありましたが、マンUが攻守ともここぞという局面だけは真面目にやってくれたので予想以上に見応えのあるゲームになりました。

 もっともこれはただでテレビ観戦しているからこそであって、休日ならともかく、平日に何千円も払って観戦するに値するゲームかとなるとちょっと・・・ あっ、内舘のゴールが何千円か∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい  

 内舘の長いサッカー人生でも、おそらく空前絶後と思われるスーパーゴールが決まって 浦和が先制。後半立ち上がりにピッチを上げたマンUが立て続けに2点返したものの(ロナウドの個人技による得点があったので、興業的には大成功)、伸二がエリア内でフェイントでDFを交わす技ありゴールで同点。終盤は浦和がマンUを押し込み、何度もサイド攻撃を仕掛ける場面がありましたが、でかいマンUのCBを崩すところまではゆかず。ワシントンがいたらさらに面白い試合になったことでしょう。

 前半獅子奮迅の働きを見せたのが暢久。相手の力量と気温に応じて力の出し加減が違うとの定評通り、最高のパフォーマンスを発揮する暢久。なぜガンバ戦でその力を出さない!とボヤきたくもなりますが、ロナウドと堂々対峙して一歩も引かず。後半右WBに平川を起用したらいきなりロナウドにぶち破られ、暢久の存在の大きさを改めて確認した次第。

 伸二は「柔良く剛を制す」といった感のあったゴールシーンは良かったのですが、本来持てる力からすればまだまだといったところ。

 ロナウドのパチもの(相馬)のドリブルはあんまり通用しなかったけど、花試合ゆえ何度失敗しても果敢に挑んでゆく姿勢は評価できます。マンUの堅陣相手に達也の1トップはかなり無理があって気の毒でした。リハビリ明けということもあって、DFラインの裏を取れそうで取れず。

 残念ながら長谷部は攻守とも海外進出なんて100年早いわという出来に終始したような・・・ 前述の相馬や、フィジカルに差がありすぎて通用しないなりにも細貝が懸命に相手に食らいついている姿とは対照的にプレーが消極的だったような・・・ 中盤が空きやすい花試合でドリブルでどんどん前に出てゆくところまではいいのですが、それでお仕舞い。

 総じて中盤での緩いパスは簡単にカットされ、ちょっとまごまごしているとたちまち相手に詰められる。ぼんやりボールをキープしていると後ろから猛然とルーニーが詰め寄ってくるといった辺りはJレベルではあまり体験することがなく、花試合も浦和にとって悪くはなかったのかも。

P.S.

 TBS-iの中継はマンU目線で不愉快。内舘(苦笑)ってなんだよヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!

 やはり最初からテレ玉で見ればよかったと反省。

P.S.2

 花試合にすら出場機会を与えられなかった酒井。もはやコンディション云々の問題ではなく、残念ながらオジェックの構想から外れていることは明らかなのですが、どこからもオファーが来ていないのでしょうか?

|

« 【TV観戦記】日本 4-1 ベトナム | トップページ | 党首、ファン投票選出ならず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/15791610

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】浦和 2-2 マンU:

« 【TV観戦記】日本 4-1 ベトナム | トップページ | 党首、ファン投票選出ならず »