« ごらんアウェー:広島2007(2) | トップページ | 【観戦記】浦和 2-1 全北現代 »

2007.09.19

(メモ)浦和2 ‐1全北現代

(スタメン)ワ級出場停止。

腰痛離脱していた阿部が復帰し、広島のスタメンから堀之内がベンチへ。ベンチに岡野が戻り、相馬はついにベンチ外に。

(前半)立ち上がりに右サイドの崩し→永井→長谷部で先制。

全北DFはスピードがなく、浦和はスルーパスやカウンターで追加点のチャンスを掴むが、達也が外しまくる。お疲れか。

また押し込んでからのアイデア不足が顕著。

全北は4−2−2−2。サイド攻撃中心。パス精度が低く流れの中で点を取られる気配はないがセットプレーだけは注意。

また疲れてDFライン下がると面倒かも。

(後半)カウンター&闘莉王攻撃参加→達也で待望の追加点まではよかったが、その後の流し方がよくなかった。

攻めに出ないのはわかったが、守りきるというメッセージもなし。

ポンテ→伸二の交代は大失敗に終わり、やらずもがなの1失点。

暢久の代えはいないとの判断なのか?

|

« ごらんアウェー:広島2007(2) | トップページ | 【観戦記】浦和 2-1 全北現代 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/16504072

この記事へのトラックバック一覧です: (メモ)浦和2 ‐1全北現代:

« ごらんアウェー:広島2007(2) | トップページ | 【観戦記】浦和 2-1 全北現代 »