« 木曽路(4) | トップページ | 【観戦記】浦和L 1-2 日テレ »

2007.09.24

(メモ)浦和L 1 ‐2 日テレ

(スタメン)山郷、田代、森本、西口、矢野、高橋、安藤、柳田、庭田、土橋、北本

サブ、池田、木原、松田、窪田、堀田

東電戦の出来からすれば松田ベンチスタートはやむなしか。ベンチに堀田イン、若林アウト。

(前半)

いつもどおりの442

積極的に前に出て守る。たえずスルーパスを狙われているが、守備は問題なし。。

しかし右から切り込んだ近賀への対応が遅れ、こぼれ球を永里に押し込まれる。

浦和善戦しているがベレーザの中盤のプレスきつくて攻めの方つくれず。

一応右サイドから攻めているがシュートにいたらない。

左が機能しないが柳田不調か?

(後半)15分くらいからベレーザの足が止まり浦和猛攻。田代のロングフィードが安藤の前に転がって同点!

しかしベレーザは弥生、宇津木を投入して浦和の猛攻をしのぐ。

エリア前でボールを繋いで左でフリーの近賀がゴール。

浦和は窪田投入も虚しく逃げ切られた。

勝負どころで攻撃的な采配ができなかったのと、控え選手の差が出た。

でも普段どおりの戦い方でここまでやれたのは大きい。

|

« 木曽路(4) | トップページ | 【観戦記】浦和L 1-2 日テレ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/16556422

この記事へのトラックバック一覧です: (メモ)浦和L 1 ‐2 日テレ:

« 木曽路(4) | トップページ | 【観戦記】浦和L 1-2 日テレ »