« 橋本真人選手、加入内定 | トップページ | ワシントン&阿部が本格合流 »

2007.09.12

【TV観戦記】スイス 3-4 日本

前後半で全く別のチームを見ているかのような試合でした。見所は後半45分に限られているので録画をもう一度見て内容を確認したほうがいいかもしれませんが、まずは雑感を。

両軍で計7点も入りながら、その内の6点がセットプレー。しかもPKによる得点が3と大味とは言わないまでもなんだかなぁという試合でしたが、最後の最後でスイスを突き放して事実上のアウェーでの劇的勝利。憲剛、山岸、憲剛、そして最後に矢野と後半投入された選手が絡みまくっての4点目は見事でした。

後半一転して日本が中盤でボールを回せるようになったのはなぜか? これがこの試合の最大の謎で、寝ぼけた頭ではよくわからず。スイスの強烈なプレスも長時間続かないと片付けてしまうのは簡単ですが・・・

-----------------------

<スタメン>

-----巻------
-松井--遠藤--俊輔-
---稲本--啓太---
駒野-闘莉王-中澤-加地
-----川口-----

*遠藤と俊輔のポジションチェンジが目まぐるしく、本来のポジションは全くわからず。

松井→山岸
巻→矢野
遠藤→佐藤
中村俊→中村憲

-----------------------

立ち上がり早々FK&PKで2点を失い、その後はスイスのコンパクトな陣形&強烈な中盤のプレスを打破できず。中盤が極めてタイトなので日本は得意のパス回しが全くできず、DFラインでチンタラパスを回しては思い出したようにサイドでフリーになっているMF目掛けて大きく蹴りだすだけ。前日のオーストリアとは違って格段に出強いスイスの前になすすべなく敗れるかと思いました。

しかしスイスは2点先制後試合運びがやや消極的になった(元々堅守&サイドからの速攻が得意なのかも)ため、日本は実に不甲斐ない出来ながらもその後は無失点で切り抜け、さらに前半から日本の右サイドを混乱に陥れていた左SBの3番(マニン)がなぜかハーフタイムで退いたことで(結果的には)流れが変わりました。

後半は一転して敵陣内でパスが回り始め、狙いとするサイド攻撃が嵌りはじめます。前半から唯一前線で気を吐いていた松井(積極的にドリブルでつっかけられるOMFは貴重)がPKを得て1点。さらに巻師匠がエリア内で体を張りまくって(というか、マーク役の19番(ベーラミ)も相当情けないんですが)ヘッドで1点、さらにPKゲットでまた1点と逆転に成功。

この日は前後半を通じて組み立ての過程で1トップの巻に当てる展開が非常に少ないように感じました。前半はサイドに開いたMFにボールを蹴りだすだけでしたし、後半はMF間、あるいはオーバーラップしてきたSBとの間でボールを繋ぐパターンが多く、巻は最前線でボールを待っている時間が長かったように窺えました。まぁDFともつれ合いながらずっこけてファウルをもらうのも巻らしいといえば巻らしいのですが。

しかし、逆転した直後に松井に代わって交代出場の山岸が不用意にCKを与えてしまったことを契機に同点弾を食らったのはいただけません。遠藤に代わって投入された佐藤は全く機能しないまま、相手の力量と後半の出来からすれば引分けで試合を終えても収穫十分と思いましたが、日本は勝負を捨てずに闘莉王を前線に上げてパワープレー。ロングボールに闘莉王が競り勝って憲剛が拾ったところから劇的なロスタイム弾が生まれました。

もっとも圧倒的に押していた後半も流れの中で掴んだ決定機は数少なく(相手がこのレベルになるとそもそも決定機なんてそんなにあるわけもないでしょうが)、結果的に4点も取って劇的勝利を掴んだとはいえ、まだまだ課題山積といったところでしょう。特に両SBはね。

P.S.

おまけみたいなものですが、日本は3大陸トーナメントを勝ち点4で優勝。

|

« 橋本真人選手、加入内定 | トップページ | ワシントン&阿部が本格合流 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/16411608

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】スイス 3-4 日本:

« 橋本真人選手、加入内定 | トップページ | ワシントン&阿部が本格合流 »