« ニッパツ球技場 | トップページ | サンフレッチェ広島、苦悩の増資 »

2007.09.28

川崎への言いがかりに思ふ

・チーム数の水増し、代表戦との兼ね合いやなんだか意義のわからないオールスターとかのおかげでACLとリーグ戦を併行して闘うクラブに超過密日程を強いているにも関わらず、「ベストメンバー規定」なる珍妙な縛りを設けているJリーグは誠に腹だたしい限り。

・そのクソ下らない規定をきっちり遵守している以上、大幅にメンバーを入れ替えた川崎はJリーグからとやかく言われる筋合いはありません。誠に気の毒な限り。4-0の結果を受けて多方面から「手を抜いた」と倫理的な非難を浴びるのはやむを得ないとしても。

・Jリーグが「移動が少しでも楽になるようにリーグが費用を出してチャーター機を飛ばしてやったのに、何でリーグ戦で手を抜いたの?」と因縁をつけるのは一理ありますが、そもそも日程に無理がある以上単なる言いがかりに過ぎないかと。

・犬飼専務は周知の通り浦和の前社長。その豪腕・辣腕ぶりとともに、少々口が軽く脇が甘いことでも有名。従って敵も多い。いわれなき批判を受けた川崎、及びそのサポには非常に腹だたしい限りだと思います。ただ浦和出身であることが災い(?)してか、ブログ等では必要以上に犬飼発言に対して感情的になっている向きが多い気もします(特に当事者じゃない方が。何の関係もない新潟方面とか)。

・但し(ここからは仮定の話ですが)、浦和が同様の状況で大幅にメンバーを落として4-0で負けたとしたら、私はそんなチームを容認する気には全くなれないでしょうね、多分。

・かつて浦和は早々とナビスコ予選を勝ち抜いた後、大幅にメンバーを落としてアウェー新潟の消化試合に臨んだところタコ殴りの目に遭ったことがあります。現場にいて腸が煮え繰り返りました。リーグ戦と違ってこの件は純然たる消化試合ですから同列に比較するのもなんですが、今回の大幅メンバー落としを「やむを得なかった」と考えるのはかなり違和感があります。不合理かつアンビバレントな思いですが。

|

« ニッパツ球技場 | トップページ | サンフレッチェ広島、苦悩の増資 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/16596667

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎への言いがかりに思ふ:

« ニッパツ球技場 | トップページ | サンフレッチェ広島、苦悩の増資 »