« ごらんアウェー:アルウィン2007(2) | トップページ | ごらんアウェー:アルウィン2007(3) »

2007.10.23

城南戦プレビュー

 城南はFWモタが負傷欠場。

 浦和はワシントンの鼻骨骨折が懸念材料ですが、一応出場可能との報。

 モタを欠いた場合の城南の闘い方はよくわからんのですが、前回対戦同様城南が3トップ気味で来た場合の浦和の対応が気になります。前回はいつもどおりの3-5-2で臨みましたがサイド(特に右)を再三攻略され、また中盤から飛び出してくる選手を捕まえられない等、3バックが3トップのチームに対峙する場合に往々にして生じる弱点を垣間見せてしまいました。

 リーグ戦序盤のオジェックなら間違いなく途中から変則4バック(暢久をSBの位置に下げる等)に変更したでしょうが、結局変則4バックではなかなか勝ちきれず、昨年同様どんな時もどんな時も僕が僕らしくあるーためにーと3-5-2に戻してからチーム成績が安定して今日に至っています。おそらくオジェックは明日も自然体で試合に臨むことでしょう。

 Jでは無敵の現システムそのまんまでアジアを突破できるのか。

 明日の見所はその一点に尽きると思います。

|

« ごらんアウェー:アルウィン2007(2) | トップページ | ごらんアウェー:アルウィン2007(3) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/16850844

この記事へのトラックバック一覧です: 城南戦プレビュー:

« ごらんアウェー:アルウィン2007(2) | トップページ | ごらんアウェー:アルウィン2007(3) »