« (メモ)浦和0 ‐1鹿島 | トップページ | (メモ)浦和1 ‐0田崎 »

2007.11.25

【観戦記】浦和 0-1 鹿島

 ホーム最終戦で宿敵鹿島を破って優勝。万々歳で大団円を迎えるはずでしたが、やはり世の中そうそう上手くは行かず、逆に苦渋を飲まされる羽目になってしまいました。

 前半に新井場が退場となってこの試合に勝つしかない鹿島は絶体絶命のピンチ。鹿島はカウンターに活路を見出すしかなくなったのですが、抜け目なく浦和のミス(闘莉王の前線へのフィードが直接本山にわたって右サイドを崩される)を突いて先制して逃げ切り。興業的には面白いとは言いがたいけれども、数少ないチャンスをしっかり決めて勝つ。そういう意味では似たもの同士の浦和と鹿島ですが、この日は鹿島の勝ちパターンに浦和がまんまと嵌ってしまいました。相手に退場者が出たことで有利になった浦和が勝ちを焦って墓穴を掘ったという見方もできましょう。

 思えば浦和は立ち上がりからおかしかったような気がします。

 前線~中盤のパス回しは噛み合わず。あろうことか阿部の横パスが直接相手に渡るピンチすらありました。

 決定力もありませんでした。

 前半の闘莉王のシュートはポスト。後半の永井、ワシントンのシュートは共にGK正面。浦和が好調時であればどれか一つは決まっていたのでしょうが・・・

 運もありませんでした。

 平川が前半で負傷退場。前節に続くゲーム中のアクシデント。但し代わって投入された細貝が期待以上に働きを見せ、この日唯一心和む材料になりました。U22で自信を掴んで帰って来たのがはっきりとわかる溌剌としたプレーぶりでした。

 清水戦に続いてサイド攻撃を繰り返すものの、中央を固める相手に悉く跳ね返されて得点ならず。鹿島は4バックでそもそもサイドにあまりスペースがない上、退場者を出してベタ引きにならざるを得なくなったのでますますサイドのスペースがなくなってしまいました。浦和は相馬のクロス精度があまりにも低いためか、攻撃が右サイドに偏り勝ち。相馬→伸二で永井を左サイドに出してから右サイド偏重は是正されましたが、いずれにせよサイド攻撃ばかりでやや単調。高さには自信がある鹿島CBの攻略手段としては少々稚拙でした。

 残り1試合。警告累積を心配する必要がない鹿島は埼スタでヒール役に徹してイエローカードをものともせず遅延行為を繰り返し。試合終了間際には船山が一発レッド(観客に唾を吐きかけたらしい)で2人も数的有利となりましたが大勢に影響はなく、コーナーでボールをキープして試合終了。

 名古屋、川崎、清水、鹿島と4試合でわずか1得点。その1点もPKですから浦和の得点力が急激に落ちているのは明らか。出場停止明けのワシントンは休養十分で調子を取り戻すものと期待しましたが、前半鹿島の繰り出すラフプレーとぶれまくる主審の笛でメンタル的におかしくなったのか低調なパフォーマンスに終始。ポンテも疲労が抜けないのかいつものキレ、冴えが見られませんでした。

 G大阪や川崎に力及ばず敗れた時は、相手の良さ・強さをどこか素直に認めざるを得ないところがあるのですが、鹿島に敗れた時は言い知れぬ不快感しか残らないのはなんででしょうなぁ・・・

 2位鹿島との勝ち点差はわずか1となり、リーグ最終戦横浜FC戦は正真正銘勝つしかない一戦になってしまいました。チームの調子は明らかに下降線。怪我人続出、闘莉王出場停止と悪い材料ばかりですが、土壇場に追い込まれてからが強い浦和の底力を見せて欲しいものです。

--------------------------------------------------------

<浦和>

--シトン---永井--
-----ポンテ----
相馬--------平川
--長谷部--啓太---
-阿部--闘莉王-坪井-
-----都築-----

37分:平川→細貝
73分:相馬→伸二

<鹿島>

---田代--マルキ--
-本山------野沢-
------------
--小笠原--青木---
新井場-大岩-岩政-内田
-----曽ヶ端----

72分:田代→船山
80分:野沢→中後
87分:内田→増田

|

« (メモ)浦和0 ‐1鹿島 | トップページ | (メモ)浦和1 ‐0田崎 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/17180208

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】浦和 0-1 鹿島:

« (メモ)浦和0 ‐1鹿島 | トップページ | (メモ)浦和1 ‐0田崎 »