« 【TV観戦記】セパハン 1-1 浦和 | トップページ | 川崎戦プレビュー »

2007.11.08

続・ゲッター撲滅ぷちぷち運動

 苦労して取ったものの結果的に余ってしまったチケットを知人同士で融通しあうというのはどこでもよくある話です。しかしこういう横の繋がりがない人が入手難のチケットを手に入れるためにゲッターは必要悪なのでは?という意見を耳にしました。

 チケットをどうしても入手したい個々人にとってゲッターはある意味便利です。しかし、ゲッターの存在を容認してしまうとますますチケットが入手難になるという「合成の誤謬」チックなパラドックスに陥ってしまうのもまた事実。

 ゲッターもピンキリで、あんまり突くと命が危なくなる怖い輩から単なる小遣い稼ぎ感覚でやっている奴までまさに千差万別。チケットが万人に差別なく売られるという前提の下でそのチケットが需要超過になるとゲッターという商売は必然的・恒常的に発生するもので、その根絶は無理だと思います。

 しかし、ゲッターの手に渡るチケットのウェイトが高くなり、一般のファン・サポーターのチケット入手が困難になるというのはあまりにも理不尽。

 "Rapsody in Red"様他が提唱されている「ゲッターぷちぷち潰し運動」は小遣い稼ぎ感覚でやっているような輩からちょっとでも浦和のファン・サポーターの手にチケットを取戻す運動だと私は理解しています。

 なおこの運動に関する具体的なノウハウについては"No Reds,No Life...レッズ日和"様が詳述されているので紹介しておきます。

|

« 【TV観戦記】セパハン 1-1 浦和 | トップページ | 川崎戦プレビュー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/17013962

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ゲッター撲滅ぷちぷち運動:

« 【TV観戦記】セパハン 1-1 浦和 | トップページ | 川崎戦プレビュー »