« 失態 | トップページ | CWCプレビュー »

2007.12.09

(メモ)日テレ1 ‐1浦和

(スタメン)このところ不動のスタメン。ベンチメンバーもさしたる変化なし。
リーグ最終戦だが党首の姿は影も形もない。

(前半)積極的に前に出る策が奏功して立ちあがりは中盤でベレーザを圧倒。左斜めから放った柳田のミドルシュートが決まって早々と先制。さらに安藤のシュートがポストを叩くビッグチャンスも。

時間の経過と共に中盤でボールが奪えなくなり、左サイドを再三破られる。またDFラインが下がってベレーザの分厚い攻めに晒されだしたが、山郷のビッグセーブもあってかろうじて凌ぐ。

(後半)前半途中で負傷した柳田が開始早々に百武に交代。浦和はなおも善戦を続けるが、押し込まれた状態でクリアしきれずに小林のミドルを浴びる。

後半の決定機は北本のシュート一本だけ。勝負になるところまでは持ち込んだが勝つにはまだまだ。

|

« 失態 | トップページ | CWCプレビュー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/17319299

この記事へのトラックバック一覧です: (メモ)日テレ1 ‐1浦和:

« 失態 | トップページ | CWCプレビュー »