« 【観戦記】日テレ 1-1 浦和 | トップページ | 行き詰まるJリーグ »

2007.12.11

【TV観戦記】浦和 3-1 セパハン

 リーグ戦終盤の大不振、大失速が嘘のような、人もボールも良く動く、良い意味で浦和らしくない素晴らしい内容での快勝。前線にボールが入ったらすかさず周囲がフォローに入るってそんなの浦和じゃねぇwww 浦和もやれば出来る! 来季は明るいぞw

 リーグ戦が終わって1週間以上のブランクを経て多少リフレッシュできたこともあるでしょう。だがリフレッシュが快勝の主因ではありません。まさかのV逸で沈みがちな心を奮い立たせ、CWCという新たな目標へ向けて見事にチーム建て直しに成功した監督、コーチ、そして選手達のメンタルの強さは大いに称えられて然るべきでしょう。

 パスミスから縦パス1本のカウンターで喫したお粗末な失点さえなければ完璧な試合だったはずですが、往々にしてそれをやらかしてしまうのがいかにも浦和でしたが。

 浦和の内容は最高に近いものでしたが、その引き立て役となったのがセパハン。こちらはACL決勝第2戦よりも明らかに不出来。ナビドキア、カリミといった主力がベンチスタートでしたが、前戦笑茸相手に後半途中から足が止まってしまったことで明らかなように、チームのコンディションがあまり良くないようで動きが至って緩慢。

 中盤で大してプレスを掛けて来ないので、浦和は前半フリーの選手同士でパスを回してサイド攻撃。残念ながら右の細貝は攻撃面ではほとんど使い物になりませんでしたが、左の相馬が予想外の大活躍。サイドを深く抉って低くて速いクロスを供給。長谷部が一つ絶好機を外してしまいましたが、次のチャンスを永井がしっかり決めて先制弾を叩き込みました。セパハンは相馬に対して数的優位を確保して守るというセオリー中のセオリーが出来ていませんから、ボコボコにやられるのは当たり前。

 浦和は攻守の切り替えも早く、セパハンの攻撃の芽を中盤で寸断。こぼれ玉に対する反応も早く、ことごとくセカンドボールを拾ってすかさず反撃。

 先制されたセパハンは後半頭からカリミ他2名を投入して攻勢に転じました。セパハンのFWにボールが入ると浦和はなかなかボールが取れずに難儀しましたが、立ち上がりにポストを叩くシュートがあったぐらいで枠内の際どいシュートは僅少。セパハンに決定力がないのは相変わらずです。サイドからのクロスに対し、ファーの選手が往々にしてフリーになってしまうのが浦和にとってこの日唯一の反省事項かと。

 やや押され気味だった浦和は阿部のスルーパスを受けてDFライン裏に飛び出したワシントンが2点目! GKを交わし、角度のないところからでもしっかり決めるワシントンの得意中の得意のパターンだっただけに喜びもひとしお。

 さらにまたしても左サイドを抉った相馬のクロス&永井の競り合いがオウンゴールを誘発。ポンテや達也、暢久に平川まで欠いて1点取れるかどうかはなはだ不安だった浦和ですが、なんとなんと一挙3得点。浦和があれだけ連動して動き、セパハンの動きに精彩を欠くとあってはこれだけの点差がついてしまうのは当然といえば当然。

 阿部がいるのにCKやFKをなぜ永井に蹴らせるのか?とか、3点差がついて伸二を投入したのは「虫干し」としか思えない(そして案の定伸二投入後攻守ともやや停滞・・・)のにその後の選手交代を渋り、結局交代枠を一つ余らせてしまうのは何故か?とか、相変わらずオジェックのゲーム中の判断には疑問を禁じえないところもありましたが、あの大惨敗からチームをここまで立て直したことを以ってオジェックは良い仕事をしたと思います。

------------------------------------

 あとは雑感を箇条書き風に。

・この日の出来を見ると阿部をCBで使うのはやはり勿体無い。万が一今野獲得に失敗したら、長谷部の穴は阿部で埋めて本職のCBを獲るべきだろう。水本とか、青山直とか。

・長谷部は決定機逸を筆頭に決定的な仕事はできなかったが、いつになく動き回ってボールを引き出し、さらに守備にも献身的だったので合格点。

・カリミ投入後はネネのスピードの無さが気になった。その点坪井は激しく乙。再三の攻撃参加は相変わらず意味がなかったがw

・前線~中盤の選手があれだけ出来が良いと闘莉王の攻撃参加は単に守備のリスクを増すだけで、大して効果的ではなかったような・・・ でもセパハンの高さはなんとか封じていたから、これまた乙でした。

・細貝は本職のボランチで起用されることはなさそうだが、それ以外のポジションだとちょっと辛いなぁ・・・

・日テレの放送は落ち着いていて良かった。煽りも控えめ。

・豊スタ、随分空席が目立った。またゴール裏のうぃあーの横に一般の方が固まって座っているのは激しく違和感w

・「浦和に行くと世界とガチンコで闘える」 移籍が活発になるこの時季、上昇志向の強い選手にとって浦和はこの上なく魅力的なクラブに見えるでしょうなぁ・・・ 阿部は実に良い前例を作ったと思う。

---------------------------

--シトン---永井--
-----長谷部---
相馬--------細貝
---阿部--啓太---
-ネネ--闘莉王-坪井-
-----都築-----

73分:永井→伸二
90分:長谷部→岡野

|

« 【観戦記】日テレ 1-1 浦和 | トップページ | 行き詰まるJリーグ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/17334090

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】浦和 3-1 セパハン:

« 【観戦記】日テレ 1-1 浦和 | トップページ | 行き詰まるJリーグ »