« 笑うはDHL | トップページ | 長谷部、移籍凍結? »

2007.12.14

【TV観戦記】浦和 0-1 ACミラン

 1-0 イタリア人好みの得失点差での敗戦。

 スコア上は善戦でしたが、実質的には影さえ踏まさせてもらえなかった試合でした。

 あえていえばどちらも守備が堅いチーム同士の対戦。しかし、浦和は決定機をほとんど作れなかった(最も惜しかったのがシトンのシュート)のに対し、ACミランは何度か決定機を作り、その一つをしっかり決めてきました。残念ながらこのレベルの相手に先制点を許してしまうと勝ち目はほとんどなく、暢久投入直後に若干見せ場を作ったくらいでミランに簡単に逃げ切りを許してしまいました。

 前半の浦和は非常に良くやったと思います。両WBを高い位置においてミランのSBの攻め上がりを牽制。また中2日という厳しい日程にも関わらず、各選手が良く動いてミランの中盤の選手を簡単には自由にさせない(もっとも相手が上手くて高い位置でボールを奪うところまでは行きませんが・・・)。結局前半のピンチは阿部が中盤でカカに振り切られてドリブル突破を許し、セードルフにフリーでシュートを撃たれた一回切り。ただこのピンチで露呈した「セードルフを掴まえられない」という問題は後々まで祟りました。

 時間が経過するにつれて浦和はベタ引きで守るだけになり、やっとボールを奪っても満足に前線へボールが繋げず、簡単に奪い返されたり、あるいは単なるパスミスとなって逆襲を浴びる展開に。これでは浦和守備陣は疲弊するばかり。

 立ち上がりこそ高く張った相馬を使おうとする意図が窺われましたが、残念ながら相馬は1対1で対面の相手に全く敵わないためサイド攻撃は機能せず(一度だけ相馬→永井→啓太シュートという崩しがありましたが・・・)。結局無理目のミドルシュートを放って反撃するのが精一杯。運良くFWが前を向いたところでミランの守備網が完全に整っているところを攻めないといけない。とにかく全く攻めさせてもらえなかった。これがこの試合で最も印象に残った点。

 後半は立ち上がりから浦和の足取りは心なしか重く、前半はそこそこ機能していた中盤のプレスが効かなくなって最終ラインで必死に凌ぐだけ。これではやられるのは時間の問題で、68分に大きな縦パス一本からカカに右サイドを抉られ、ラストパスを再三決定機を許していたセードルフに決められてしまいました。後ろから飛び出してくる選手を掴まえられないというのはJレベルでも良く見受けられるところで、やられるべくしてやられたという感も。

 引いて守ってカウンターを狙う浦和の闘い方は普段着そのもの。そしてそのカウンターが全く通じなかった以上完敗以外の何者でもないわけですが、気になったのは中2日という厳しい日程で闘っているにも関わらず、オジェックの選手交代が後手後手に回ってしまったこと。両WBが相当辛そうに見受けられたのですが、結局闘莉王が負傷退場するまで交代なし。もっとも選手交代をしたところでサポの不満解消になるだけで結果に大差はないかもしれませんが、暢久の投入を躊躇ったのはコンディションに問題があったのかどうか。「最善は尽くした」という感じがしなかったのがこの試合の少々残念なところでした。

 選手はどの程度手応えを掴んだでしょうか? 後ろの選手はある程度自信がついたかもしれません。前目の選手は暗澹たる思いだったかもしれません。その辺は想像するしかありませんが、ACミランとのガチンコ対戦が単なる思い出ではなく今後のレベルアップの糧になるよう願ってやみません。

------------------------------------------

<スタメン>

--シトン---永井--
-----長谷部---
相馬--------細貝
---阿部--啓太---
-ネネ--闘莉王-坪井-
-----都築-----

76分:闘莉王→暢久
81分:相馬→平川

<試合終了時>

--シトン---永井--
-----暢久-----
平川--------細貝
--長谷部--啓太---
-ネネ--阿部--坪井-
-----都築-----

*永井は守備に奔走していたので、実質的にはワシントンの1トップ。

|

« 笑うはDHL | トップページ | 長谷部、移籍凍結? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/17359967

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】浦和 0-1 ACミラン:

« 笑うはDHL | トップページ | 長谷部、移籍凍結? »