« 私的ベストイレブン2007 | トップページ | 越前紀行(1) »

2007.12.04

明と暗

梅崎@大分獲得の報が飛び込んできたと思えば、ポンテが重傷で全治6ヶ月。横浜FC戦ではピッチで悶絶していたけど、これほどの大怪我とは・・・・゚・(つД`)・゚・ 誠に残念なことですが、オジェックのスタメン固定、スタメン酷使のツケをこういう形で払うことになってしまいました。

梅崎のほうはまだ何ともいえない段階ですが、おそらくポンテや伸二の後継者と睨んでの獲得でしょう(梅崎は運動量が多いタイプでポンテや伸二とはプレースタイルは全く違いますが)。 ポンテが来年の前半を棒に振る結果となっても、これでエジ○ンドがダメで長谷部が育った時と同じだと前向きに考えればいいんじゃないでしょうか? 大怪我を繰り返しているのでどこまでアテになるかわかりませんが、エスクデロにもチャンスが回ってくることでしょう。でも共に如何せん実績が乏しい。来年の前半は伸二が稼動してないとさすがに心配ですなぁ・・・

また報知の情報だと移籍金を半分に値切ったように見受けられますが・・・ 他にオファーがないので千載一遇のチャンスをなんとかして生かしたい梅崎や、一刻も早く金が欲しい大分がこの交渉が潰れるとはなはだ困るところに目をつけたのでしょうか??? 中村GM、GJです。

ただ梅崎が来てしまうと完全に同年代、同ポジションの赤星は・・・(´・ω・`)ショボーン

-----------

<「ら」的08年浦和(07.12.04)>

--エジミウソン--達也--
-三都主-----梅崎-
---今野--啓太---
平川-阿部-闘莉王-暢久
-----都築-----

|-`)o0 坪井の居場所が・・・

----------------------------

梅崎、浦和へ電撃移籍!移籍金推定1億円(報知)

 リーグ連覇を果たせなかった浦和が、来季の覇権奪回の切り札として大分のU―22日本代表MF梅崎司(20)を完全移籍で獲得することが3日、明らかになった。

 梅崎に近い関係者によると、梅崎はこの日、正式オファーを出していた浦和幹部と極秘交渉を持ち、席上、大筋合意に達した。来季へ浦和の日本人移籍第1号が決まり、移籍金は推定1億円で、複数年契約となる見込みだ。

 梅崎は今年6月、期限付き移籍先のフランス2部、グルノーブルから大分に復帰。リーグ戦19試合出場、2得点と奮闘し、大分のJ1残留に大きく貢献した。北京五輪出場権を獲得した反町ジャパンのエース候補生は、赤い悪魔にとっては緊急補強ポイントだった。エースMFポンテが右ひざ前十字じん帯断裂で全治6か月と診断されたため、高速のドリブル突破を武器とする同タイプの梅崎の来季加入は朗報となる。

 すでに浦和は、今季Jリーグ19得点を叩き出した新潟FWエジミウソンと仮契約を済ませている。ザルツブルクに期限付きで移籍していた三都主アレサンドロの復帰も決まっており、F東京の日本代表MF今野泰幸(24)に対しても、近日中に獲得の正式オファーを出す予定。衝撃のV逸から、アジア王者が来季の逆襲に着々と準備を整えている。

 ◆梅崎 司(うめさき・つかさ)1987年2月23日、長崎・諫早市生まれ。20歳。大分ユースから大分トップチームに昇格。2005年7月10日に広島戦でプロデビュー。フル代表は06年9月の中東遠征で初招集、初出場。07年1月にフランス2部、グルノーブルにレンタル移籍。5試合に出場し、得点は0。6月に大分に復帰。今季はU―22日本代表にも招集された。J通算47試合出場、5得点。167センチ、64キロ。血液型O。

(2007年12月4日09時43分  スポーツ報知)

----------------------------

大分トリニータ梅崎、浦和に完全移籍(西日本)

 浦和が来季の新戦力として大分のU-22日本代表MF梅崎司(20)を完全移籍で獲得することが3日、確実となった。この日までに、大分側に正式オファーが届いた。大分のクラブ幹部は「現在、浦和からしか梅崎へのオファーはない。本人もいきたがっている」と認めたうえで、満額近い移籍金を条件に移籍を容認する方針を示した。

 生え抜きのスター選手の流出は大きな問題だが、やむを得ない事情もある。20歳とまだ若い梅崎の移籍金は推定で約2億円。これは大分の選手総年俸の約半分に当たり、財政難に苦しむ大分にとっては大きな収入となる。一方で、今季の営業収入約80億円を見込み、アジア連覇&リーグ奪冠をめざす浦和は十分な予算を確保している。大分幹部は「大事な選手だが、それくらい出されたらしょうがない」と話した。

 このまま他クラブから浦和を超えるオファーがなければ、年明けにも正式決定する。

=2007/12/04付 西日本スポーツ=

|

« 私的ベストイレブン2007 | トップページ | 越前紀行(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/17270635

この記事へのトラックバック一覧です: 明と暗:

« 私的ベストイレブン2007 | トップページ | 越前紀行(1) »