« 長谷部、移籍決定! | トップページ | 東海道行脚17:大津~三条大橋 »

2008.01.16

レベルファイブスタジアム

博多の森、新名称は「レベルファイブ」…ゲーム会社命名(2008年1月15日11時27分  スポーツ報知)

・新名称「レベルファイブスタジアム」(略称「L5スタ」)
・契約期間は3月1日から3年間。年額3150万円(消費税込み)
・福岡市は、年額3000万円以上、期間3年以上の条件でスポンサーを募集していた。

最近決まった愛媛の「ニンジニアスタジアム」が年間2100万円。それよりは高く、J1の泣くスタ(年間3000万円)とほぼ同等。

J2屈指の人気チームである仙台・ユアスタの年7000万円には遠く及びませんが、福岡の昨年の観客数は仙台の2/3程度。チーム成績も考慮すれば3000万円は妥当なところでしょう。

ただ「年額3150万円(消費税込み)×3年」というのは隣の鳥栖(ベストアメニティスタジアム)と全く同条件なのは、何かと鳥栖を格下に見たがる福岡としては不満かもしれません。

ちなみに「レベルファイブ」とは福岡に拠点を置くコンシューマーゲームソフト開発会社で、『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』等を作ったとのこと。

ワシ的には福岡拠点のゲームソフト開発会社といえば「大戦略シリーズ」で有名なシステムソフト以外ありえないんですが、今はどうなっているんでしょう・・・

|

« 長谷部、移籍決定! | トップページ | 東海道行脚17:大津~三条大橋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/17703577

この記事へのトラックバック一覧です: レベルファイブスタジアム:

« 長谷部、移籍決定! | トップページ | 東海道行脚17:大津~三条大橋 »