« 人の行かぬ道に花あり銭の花 | トップページ | 札幌~ひょっとしてひょっとすると »

2008.02.07

【TV観戦記】日本 4-1 タイ

 雪の舞う埼スタ。選手にも観客にも気の毒な天候下での試合でしたが、勝ち点3はもちろんのこと、得失点差3もついて、短い準備期間で迎えたW杯3次予選の緒戦を良い形で終えることができました。どんな相手でもしょっぱい勝ち方しかできなかった爺古暗黒時代と比べれば万々歳といっていいでしょう。

 前2回の親善試合を含めてこのチームの面白いところはハーフタイムでの修正能力が高いこと。この日も遠藤のFKで先制しながら、あっという間に追いつかれ、その後はベタ引きのタイを前に攻め倦み模様。ある時は細かいパスを繋ぎ、ある時はサイドへ大きく展開、そしてある時は縦ポン一発。良く言えば多彩、悪く言えば狙いがはっきりせず、ボールを支配しているわりには決定機が少なかった前半。

 後半は縦に早い攻めが影を潜め、明らかにサイド攻撃の比重を上げてきましたが、それがラッキーな大久保の2点目に繋がったと思います。

 他の3点はいずれもセットプレーですが、これは当初からの狙い通り。タイはお粗末な退場者を出して(敬虔な仏教徒が多いお国柄の割には露骨なラフプレーを繰り出してきました)終盤に集中が切れてしまったのか、巻の4点目はお笑い種でした。

なんかやたら流れの中の得点を重視して、セットプレーでの得点を軽視する向きが多いけど、ああいう発想ってどこから沸いてくるんでしょうかねぇ・・・ 代表の試合は興業じゃないっちゅーねん・・・

 前半よりはるかにマシとはいえ、後半も課題山積。高原の状態は依然良くないようで前線でボールキープできず、ゴールに近いところでの細かいパス回しを阻害。従って後半はサイド攻撃に重点を移したのでしょうが、両SBが盛んにボールに絡むものの、これまた決定的な仕事はできず。内田は経験を積ませるために暖かい目で見てやらんといかんのでしょうが、左SBは人材不足以外の何者でもないかと。

また当然ながらタイはサイドに人数をかけて防戦しにくるので、日本が一転して薄くなった中央を打破できればいうことないのですが、前後半とも高原が好機で不発。岡田監督は随分と高原に御執心のようですが、今の高原は試合に出せる状態じゃないような・・・東アジア選手権まで引っ張らずに、クラブに戻して調整させるべきじゃないかと・・・

 岡田監督はまるで親善試合であるかのように前目の選手を次々代えましたが、良くも悪くも変化なし。強いて言えば播戸が一番可能性があったかな?

 先制直後に喫した失点はお粗末でした。先制点で集中が途切れたのか、啓太の1ボランチでDFライン前が薄いのを上手く突かれた模様。2回の親善試合でも感じましたが、今の尻が軽いシステムは最終予選では持たないような気がします。

 攻守ともにまだまだといった内容でしたが、チーム立ち上げ直後であることを勘案すればこんなもんでしょう。この内容を受けて岡田監督は東アジア選手権にどう臨むのでしょうか?メンバーを大きく入れ替えて選手層を厚くすることに重きを置くのではないかと思いますが・・・

P.S.

高原不発の原因はホテル暮らし?(スポニチ)

もう一つ、高原が要因に挙げたのが難航するさいたま市内での家探し。「ホテルを転々として慌ただしい。早く家を決めてやすらぎの空間を…」と落ち着かない状況を嘆いた。

|-`).。oO 「ウチの隣が空いてる!」とか「ウチに来い!」とかネタにできるほど浦和に馴染んでいませんからねぇ・・・

P.S.2

ごくたまに中澤がちょろちょろ攻撃参加しますが、より攻撃力の高い阿部ではなく、セットプレー以外ではほとんど攻撃の役に立たない中澤が上がるのが不思議。松田の霊でも乗り移っているんですかね?そのため、実力差のある相手との試合では阿部がほとんどテレビに映らないではないか( ゚Д゚)ゴルァ !

--------------------------

<スタメン>

---高原--大久保--
-----山瀬-----
-遠藤-----中村憲-
-----啓太-----
駒野-阿部--中澤-内田
-----楢崎-----

 非常に良く機能したボスニア戦の巻退場後のメンバーをそのまま起用。短い準備期間で本番に臨まざるを得ない状況下ではメンバー固定が定石。岡田監督3戦目にして早くも現・旧千葉勢が壊滅とは感慨深い。

68分:山瀬→巻

---高原--巻----
----大久保-----
-遠藤-----中村憲-
-----啓太-----
駒野-阿部--中澤-内田
-----楢崎-----

81分:高原→播戸

---播戸--巻----
----大久保-----
-遠藤-----中村憲-
-----啓太-----
駒野-阿部--中澤-内田
-----楢崎-----

87分:大久保→羽生

---播戸--巻----
-----羽生-----
-遠藤-----中村憲-
-----啓太-----
駒野-阿部--中澤-内田
-----楢崎-----

SUB:楢崎、加地、水本、今野

(代表選出メンバーから、川島、坪井、岩政、橋本、山岸、前田、矢野がベンチ外)

|

« 人の行かぬ道に花あり銭の花 | トップページ | 札幌~ひょっとしてひょっとすると »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/40019151

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】日本 4-1 タイ:

« 人の行かぬ道に花あり銭の花 | トップページ | 札幌~ひょっとしてひょっとすると »