« 幻の長崎遠征(9) | トップページ | 幻の長崎遠征(10・了) »

2008.02.13

【日経】クラブスタッフへの苦言

今朝の日経のスポーツ欄に掲載された吉田記者のコラム。

「我々と比べて、クラブスタッフのサッカーに対する愛情、知識が足りない」とのサポーターの声や、同じような憂慮を抱くFC東京社長の談話を紹介する形でクラブスタッフに苦言を呈していました。

経営主体がはっきりせず主要スポンサーから出向者が寄り集まってくるようなクラブだと、スタッフは必ずしもサッカーが好きとは限りませんから、どうしてもそうなっちゃうだろうな思います。しかし、そうしたクラブよりはマシであってしかるべきはずのFC東京でも事態はそれほど変らないのには少々驚きました。もっとも対浦和戦での運営ノウハウがなかなか蓄積されないところを見れば推して知るべしなのかもしれませんが。

翻って浦和はどうなのでしょう? 課長クラス以上は長年浦和のスタッフとして活躍された方がほとんどで、たまにMDP等の広報媒体を通じて素顔を見せてくれることがありますが、その下で実際に手足となって奮闘されている方となると末端サポには全くわからない。もっとも恒常的にクラブに提案というかクレーム、難癖をつけ、あるいは御乱行でクラブにご迷惑をかけているような方なら別でしょうがw

今朝のコラムは一般論としては頷けるのですが、少々実感に乏しくてピンと来ないところがありました。

|

« 幻の長崎遠征(9) | トップページ | 幻の長崎遠征(10・了) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/40107279

この記事へのトラックバック一覧です: 【日経】クラブスタッフへの苦言:

« 幻の長崎遠征(9) | トップページ | 幻の長崎遠征(10・了) »