« 【TV観戦記】日本 1-1 韓国 | トップページ | 幹事長退任のお知らせ »

2008.02.25

【TV観戦記】日本女子 3-0 中国

 敵地で相手に何もさせない、文字通りの完勝。結果・内容ともここまで大差がつくアウェーゲームというものはなかなかお目にかかれません。

 中国女子は数年前までアジア最強だったはずですが、もはやその面影はどこにもなく、自国開催でなければ五輪出場が難しいくらいのレベルにまで落ちていました。チャンスは前半左サイドからどフリーで低いクロスを送った1回きり。後半は日本にタコ殴りにされ、よく3失点で済んだという惨状でした。

 日本とのテクニックの差は歴然。おまけに球際の競り合いにも弱いため日本の高い位置からのプレスを掻い潜れず。従って時間が経つにつれて単純にそこそこスピードのあるFWを走らせるくらいしか攻撃の手立てがなくなってしまいました。しかもその攻撃が成り立っていたのも前半までで、後半は全く何も出来ず。

 日本は高い位置でボールを奪ってからの速攻が何度も見られた他、ロングパス一本でDFラインの裏を取る単純な攻撃(中国は左サイド破られすぎwww)も奏功。永里・荒川・大野・澤とベレーザ勢が並ぶ攻撃陣の連携の良さを遺憾なく生かした多彩な攻撃は目を見張るばかりでした。さらに視野の広い宮間の大きなパス・クロスも効果的。

 守備陣は大して慌てるような場面はなかったのですが、今大会初出場の池田の安定感はやはり白眉。韓国戦の豊田・岩清水のコンビはスピードのあるFWへの応対に難がありましたが、エリア内に入り込まれても一発で相手を仕留められる池田がいると安心感が倍増。

 佐々木監督は荒川・澤・池田と中央にベテランを並べる一方、その相方に永里・阪口・岩清水と若手を配して選手層の強化も怠りありません。今大会荒川の調子がイマイチ(後半無人のゴールへのシュートを外したのが象徴的か)だったのに対し、これまで国際試合であまり良い印象がない永里がこの試合で大爆発したのは大きな収穫。まぁ点差がついてベレーザ勢を一人、二人とベンチに下げるにつれて攻撃の流れが悪くなる辺りに、ちょっと物悲しさを感じてしまいますが。安藤のループ気味のシュートは惜しくもバー直撃・・・

 左SBに起用された柳田。まぁ守備力がある分右SBの安藤よりは違和感はありませんが、やっぱり動きがSBじゃないですね。縦に速いわけじゃないんで・・・ 2列目の選手層が分厚いので層の薄い左SBを埋める格好になっていますが、フラストレーション溜まるやろうなぁ・・・

福元から正GKの座を奪い返したのかもしれない山郷さん。今日はそもそも枠内シュートがほとんどなく、セットプレー以外は仕事がなくてヒマ郷さんでした。

大橋前監督はW杯及び五輪出場という結果は残したもののワンランク上の相手には全く歯が立たず、なんとなく行き詰まり感がありましたが、チーム発足直後にも関わらずこれだけ内容のある試合を披露してくれた佐々木監督には期待して良さそうですね。

-----------------------

<スタメン>

---永里--荒川---
------------
宮間-澤---阪口-大野
------------
柳田-岩清水-池田-近賀
-----山郷-----

67分:荒川→安藤
79分:大野→丸山 
88分:永里→宇津木

|

« 【TV観戦記】日本 1-1 韓国 | トップページ | 幹事長退任のお知らせ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/40246308

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】日本女子 3-0 中国:

« 【TV観戦記】日本 1-1 韓国 | トップページ | 幹事長退任のお知らせ »