« 【展望】08年第8節京都戦 | トップページ | 【観戦記】京都 0-4 浦和 »

2008.04.26

麺処 ほん田@東十条

 東十条駅南口から徒歩5分弱。北区保健所そば。途中東十条の車庫前を通ります。

Honda4

 平日の夕方ながら行列3人。接客係の指示に従って、食券を買ってから並ぶシステム。待っている間にも何人か客がやってきて常に3人ほど並んでいる感じでしたが、食べ終わった頃には行列はなくなっていました。

Honda3

 濃厚豚骨魚介ラーメン(680円)を注文。店内はL字型カウンター一つと狭く、厨房内には店員が2人いるのですが、回転はあまり良くありません。仕事ぶりが丁寧なのとカップル客が多いのがその原因かと。

Honda1

 「濃厚」と銘打っていますがまさしくその通りで、ドロっとしたスープが最大の特徴。豚骨魚介系スープも店が増えてくるとどこも似たようなものに陥りやすいのですが、この店のはもはや液体を連想させる「スープ」と呼ぶのは相応しくなくて、ゾル状のタレといったほうが良いでしょう。麺はタレに負けないように堅めの太麺。ややもちもちっとした歯ごたえのある麺に、ドロっとしたタレがしっかり絡み付いてきます。豚骨も魚介もしつこくなる寸前のところで美味くまとめてあるなぁといった印象。

Honda2

 チャーシュー、海苔、水菜、メンマ、ネギ等具もあるにはありますが、なにせタレの存在感が圧倒的で具は全部霞んでしまいます。麺をタレに絡めてワシワシと食べている感じ。

 上にちょこんと辛味噌?が載っていますが、最初に混ぜてしまったので味の変化を楽しむには至らず。これは次回の宿題にしましょう。

 「濃厚豚骨魚介」は万人受けするとは思えませんが、個人的には非常に気に入りました。屋号が磯にゴールにぶちこまれ、引退しても鬼嫁に苦しむあの男を連想させるのがよくありませんが、あっさり系の「香味鶏だし」やつけ麺もあるのでおいおい再訪します。

|

« 【展望】08年第8節京都戦 | トップページ | 【観戦記】京都 0-4 浦和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/40889091

この記事へのトラックバック一覧です: 麺処 ほん田@東十条:

« 【展望】08年第8節京都戦 | トップページ | 【観戦記】京都 0-4 浦和 »