« 【展望】08年ナ杯第6戦名古屋戦 | トップページ | 【観戦記】浦和 1-5 名古屋 »

2008.06.08

【TV観戦記】オマーン 1-1 日本

・酷暑下でのアウェー戦を引き分けで凌ぎ、3次予選突破を突破する上で最低限の結果は残しましたが岡田らしいしょぼい試合内容。横浜での対戦が出来すぎで、日本の本来の実力からすればこんなもんかと。

・負傷の長友に代えて内田を起用しただけで、他は前節と同じメンバー。負傷が伝えられた闘莉王はやはり強行出場。

・コーナー近くからのFKのこぼれを叩き込まれて早々と失点。

・その後どん引き&カウンター狙いのオマーンに対して、前半はなすすべなし。なぜかしきりにDFラインの裏にボールを出そうとするがシュートに結びつかず。両FWに高さが無いのでサイドからクロスを入れてもあまり意味が無いのは判りますが・・・ 頼みのセットプレーも中澤のヘッドがGK正面に飛んでしまったのが惜しかったくらい。中村俊のCKが3度続けてGKにキャッチされていたのには失笑を禁じえませんでした。

・不用意にボールを失ってカウンターを浴びること2度ばかり。ここでもう1点取られていたらそのまま負けていたでしょうなぁ・・・

・後半はサイドでボールを繋いで深く抉る意識が強まり、前半よりは攻撃が様になって来たところで、玉田がPKゲット。遠藤、得意のコロコロPKで同点。

・同点に追いついて前に出ざるを得なくなり、また日本より先に足が止まりだしたオマーンを崩しやすくなったはずだが、やはり決定機には至らず。遠藤や中村俊のミドルシュートが目を惹いた程度。

・闘莉王がPKを与えてしまった大ピンチは楢崎が好セーブ。

・オマーンGKと交錯した大久保があろうことかGKを蹴ってしまい一発退場。幸いにも小競り合いの中でオマーンにも退場者が出て10対10に。

・酷暑下で消耗が激しい選手をどんどん代えてくるのかと思いましたが、岡田はなんと松井を山瀬に代えただけ。試合後「嘉人が退場になったことでこちらとしても交代の手が打てなくなった」と語っていますが全く意味不明。選手の動きが鈍っていることは退場の有無と関係ないから、不測の事態が起こった時の対応能力に乏しいことを露呈しただけのような・・・ 内田→今野、長谷部→中村憲とかはあってもよかったような・・・

・案の定相手の守備はスカスカになったにも関わらず、決定機に持ち込めず。あんなに簡単にPKを取っていた主審が急にPKを取らなくなったのには参りましたが・・・

・まぁオマーンは鋭いカウンターだけ気をつけていれば良いレベルでしたので、難なく引き分けに持ち込むことには成功。

・大久保は次節出場停止(複数試合出場停止の可能性もあり)。ただでさえ頭数が足りない日本FW陣には大打撃。次節アウェーとはいえ、タイに不覚を取ることはないと思いますが、勝てるかとなるとかなり厳しい試合になりそうな・・・ セットプレー頼みになるんでしょうなぁ・・・

-----玉田-----
-----大久保----
-松井------中村俊
---遠藤--長谷部--
駒野-闘莉王-中澤-内田
-----楢崎-----

78分:松井→山瀬
91+分:玉田→矢野
91+分:内田→今野

|

« 【展望】08年ナ杯第6戦名古屋戦 | トップページ | 【観戦記】浦和 1-5 名古屋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/41401740

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】オマーン 1-1 日本:

« 【展望】08年ナ杯第6戦名古屋戦 | トップページ | 【観戦記】浦和 1-5 名古屋 »