« 【観戦記】新潟L 1-1 浦和L | トップページ | ごらんアウェー:新潟L2008 »

2008.06.23

【TV観戦記】日本 1-0 バーレーン

長谷部、松井、駒野といった既に1枚カードをもらっている選手を休ませたものの、故障持ちの中村俊や闘莉王も起用して、最終予選の組み合わせには何の関係もないにも関わらず、なぜか3次予選1位通過に拘り「必勝」を期した岡田。

メンバー落ちのバーレーンに対してポゼッションで上回るもののこれといった決定機を作れず、最後は闘莉王を最前線に上げて悪あがき。内田のクロスに対して突進してきた巻に気を取られたか、バーレーンのGKが飛び出しを躊躇してそのままボールがゴールに吸い込まれるというお笑い種の得点で文字通りの辛勝。

あんな得点で大喜びしている岡田。その志がいかに低いかを如実に物語っていました。こんな試合なんてスコアレスドローで終わったほうが後々の糧になるでしょうに。5月下旬のキリンカップ以降ひと月も代表を鍛えてきたはずですが、アジアを勝ち抜くのが精一杯でその先は何も無いという印象は変わらないままでした。

何の必然性もなくスーパースター(笑)を起用し、内容はぐだぐだながら強運を引き寄せて結果だけは残す爺古臭漂う試合。W杯本選で日本のあまりの弱さに世界があっと驚くことは必定と思っていましたが、この分じゃアジアすらおぼつかないんじゃ・・・

-----玉田-----
-----佐藤寿----
本田圭------中村俊
---遠藤--中村憲--
安田-闘莉王-中澤-内田
-----楢崎-----

64分:佐藤寿→山瀬
73分:安田→駒野
80分:本田圭→巻

あとは雑感を列記。

・勝負に拘っているならPKは遠藤じゃないのか?どんぴしゃりでPKを止められる中村俊。

・バーレーンは引いてカウンター狙い。スペースのない相手に玉田&佐藤寿の2トップを入れてどうすんねん・・・・ 後ろを向いた玉田ほど惨めなものはなく、再三ボールを失うハメに。それでもたまに前を向いたときに仕事をしてくれれれば問題ないのですが、シュートはことごとく枠の外 or ミートせず。

・中盤はなぜかドリブラー皆無でパサーばかり・・・ これじゃベタ引きの相手に苦戦するわなぁ・・・ ポゼッションで上回ってもバーレーンの堅陣を崩す動きがありません。

・ポストプレーが全く使えないので日本の攻撃はほぼサイド攻撃オンリー。高い位置にいる両SBがSHの開けたスペースに走りこんでクロスを供給していましたが、安田のクロスには精度が無く、しかも両サイドとも攻撃が単調なので得点の臭いがしません。相手が中央で待ち構えているところにクロス入れてもねぇ・・・

・この試合で不思議だったのはSHとSBが連携してサイドを崩す場面が少なく(前半本田→安田→玉田があったくらいか・・・)、終始サイド攻撃はSBの単騎突入頼み。この辺が攻撃が単調になる主因かも。

・新戦力が活躍すれば収穫もあったのでしょうが、それも皆無。佐藤寿人はPK奪取に繋がった飛び出しが唯一無二の見せ場で、あとは全くといっていいほど仕事できず。本田圭は次第に消え気味になってしまい、自慢のFKも不発どころか枠を大きく外し、おまけに絶好機に空振りと悪印象だけが残る結果に。

・前目からの積極的な守備は相変わらずよく効いており、それだけは評価していいかなと思いましたが、相手が高い位置にWGを貼らせて中盤を省略して日本の弱点である両サイド目掛けてへ放り込んできたらどうすんねん???(要は4バックなのにまるで3バックみたいなやられ方をするんじゃないかと・・・)

|

« 【観戦記】新潟L 1-1 浦和L | トップページ | ごらんアウェー:新潟L2008 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/41614655

この記事へのトラックバック一覧です: 【TV観戦記】日本 1-0 バーレーン:

« 【観戦記】新潟L 1-1 浦和L | トップページ | ごらんアウェー:新潟L2008 »